ウェブオペレーション ―サイト運用管理の実践テクニック (THEORY/IN/PRACTICE)

  • 294人登録
  • 4.19評価
    • (19)
    • (20)
    • (8)
    • (1)
    • (0)
  • 20レビュー
制作 : John Allspaw  Jesse Robbins  角 征典 
  • オライリージャパン (2011年5月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (278ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784873114934

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
Tom Whit...
ウォルター・アイ...
有効な右矢印 無効な右矢印

ウェブオペレーション ―サイト運用管理の実践テクニック (THEORY/IN/PRACTICE)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • とあるwebサイトでエンジニア的な仕事をしていますが、仕事とは全く別のところで「仕事は何をしてるの?」と聞かれると、何て答えていいやら言葉につまることがたびたびあります。
    友達だとプログラマーと答えたり、堅い雰囲気だとシステムエンジニアと答えたり、時にはソフトウェアエンジニアとかっこつけたり。
    でもコードも書けば設計もするし、インフラさわるときもあれば保守もするし、どれもいまいちピンとこないんですよね。
    多分同じような境遇の人が世の中にはゴマンといるんじゃないでしょうか。
    しかし本書で何か答えが見つかったような気がしています。
    多分自分は「ウェブオペレータ」あるいは「オペレーションエンジニア」なんだろうなと。
    本書はそういう人たちに向けたテクニックを紹介していて、もちろん役に立つし勉強になるわけですが、それより「あーあるある」という共感しながら読めてとても面白いです。(まだ途中)

  • エッセイテイストではあるが、技術的に踏み込んだ話も多くてボリューミー。システム運用、特に表題通り今の時代の運用に必要なエッセンスが詰まっていてだいぶためになった。

  • 様々なサービスの運用上の苦労から、何を考えて対策をしていったかについて。

  • ウェブインフラ(に限らず)に纏わる技術や運用のノウハウ、時にジョークや愚痴が綴られたエッセイ集的な体裁。個々の章に出てくる技術そのものの情報は古いもののコンセプトや考え方などはとても参考になった。また、各章はエッセイ調なのでどの章から読んでも楽しめると思う。

  • 16章が面白かった。必要になった時にもう一度熟読したい

  • 原著を読む傍ら、「これなんて読むんだ?」とか「これどういう意味なんだろう?」と思ったところをこちらで補いつつ読み進めていた。

  • A2

  • ウェブオペレーションを読むに至ったのはDevOpsのに関して遡って考えてみようと思ったからだ。
    オリジナルの17のエッセイに日本語版ではエッセイが一つ追加されている。
    「日本の料理のインフラ」と題して濱崎健吾氏がクックパッドのインフラの裏側について書いています。

    日本版の文字サイズに耐えるひと、12Qで問題ないひと向き。

  • もう一度読む予定

  • へこたれた日に読み返したい

全20件中 1 - 10件を表示

ウェブオペレーション ―サイト運用管理の実践テクニック (THEORY/IN/PRACTICE)を本棚に登録しているひと

ウェブオペレーション ―サイト運用管理の実践テクニック (THEORY/IN/PRACTICE)を本棚に「積読」で登録しているひと

ウェブオペレーション ―サイト運用管理の実践テクニック (THEORY/IN/PRACTICE)の作品紹介

本書は、ウェブオペレーションに携わるエキスパートたちの経験と知識を18本のエッセイにまとめたものである。Yahoo!でさまざまなサービスを立ち上げたエンジニア、ソーシャルゲームの大手Zyngaのストレージマネージャ、Ganglia・Chef・Maatkitといったツールの開発者などが、インフラとアプリケーションのメトリクス・機能低下の人的要因・アジャイルインフラストラクチャ・NoSQL・継続的デプロイ・ウェブオペレーションのキャリア構築などについて、具体的な事例を挙げて紹介する。また、日本語版では、料理レシピサイトで有名なクックパッドを支えるオペレーション技術も掲載している。日々の試行錯誤から体得するウェブの運用・管理の技術について、経験豊富な技術者のノウハウを紹介する本書は、様々なケースに応用できる発想を導く一冊である。

ウェブオペレーション ―サイト運用管理の実践テクニック (THEORY/IN/PRACTICE)はこんな本です

ツイートする