子どもが体験するべき50の危険なこと (Make: Japan Books)

  • 421人登録
  • 3.69評価
    • (20)
    • (27)
    • (29)
    • (7)
    • (1)
  • 35レビュー
制作 : 金井 哲夫 
  • オライリージャパン (2011年5月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784873114989

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
クリス・アンダー...
ジャレド・ダイア...
ウォルター・アイ...
ヴィクトール・E...
有効な右矢印 無効な右矢印

子どもが体験するべき50の危険なこと (Make: Japan Books)の感想・レビュー・書評

  • 図書館で借りた。危なそうなこと多いが、昔はこれくらいはしてた気がする。

  • 重曹と酢の爆弾はやってみたい。実家に帰ったら屋根に登ろう(マンションでは無理…)。
    あとは正直、実行不可能かそれほどでもないか。

  • コンセプトは面白い。
    …けど、自分が親の立場で実際にやらせることを思うと気が重い(笑)

    どちらかというと小学生以上の男子向けなイメージでした。
    もう少し物の分別がつく年齢になったら、ぜめて半分くらいは体験させたいな。
    自分への宿題という意味も含めて、積読に置いておく。

  • 普段「やってはいけません!」といわれるようなことばかりを集めた一冊。丁寧に書かれた教育指導書であると同時に、大人に向けた宿題帳だ。

    読む前は、長い間大人をやっている(つもり)なら、6割ぐらいはやったことがあるだろうと思っていたが、ギリギリ半分しか経験していなかった。日本向けに微調整されているにも関わらず、だ。
    内容は、ひと昔前の子どもなら誰でもイタズラでやっていたようなことだ。いざという時には周りの大人からこっぴどく怒られたり、場合によっては見て見ぬ振りをしてくれたりしたが、今はそれも難しい。
    各項目のトビラに付けられた小さな注意マークが、端的かつシニカルで面白い。「04 フランス人のようにキスであいさつしよう」の場合だと、[気持ち悪い][ひっぱたかれる][はずかしい]の3コンボといった具合でかなり身も蓋もない。もし、1つ危険を克服するたびにこれらを集めて眺めたら、勲章のように輝いて見えることだろう。

    検索して、最初から危険なものや失敗を避け、成功だけを知ったような気になれる昨今、他者が決めたルールに敢えて反することをしてみる。最低限の安全は確保した上で、危険なことは危険なこととして、肌感覚レベルでリアルに体験する。よくわからないことを無闇に恐れず、自分にとっての安全を確保するスキルを磨く。そんな、やり残したがまだまだあることに気づいたり、ハラハラしながら子どもを見守れるだけの度量があるかを、大人の側が試される。

    途中にあったこの一文が、とても強く心に残る。
    『世の中には、正しい方法よりも、楽しい方法のほうが勝つことがあります。』
    楽しい宿題の提出期限は「生涯」らしいので、元子どもとしてもゆっくりひとつずつチャレンジしてみたい。

  • Make: ということで楽しみに新刊を買ったが、内容は掘り下げ不足。とくにビジュアル不足で子供の興味を引くような感じにはなっていない。20に絞っても良かったのでは。内容自体は「私が昔した50の危険なこと」なので、やってみせることや注意するべき点などは常識的な記述である。こういったことは、わざわざさせるのではなく、止めても勝手にやるもんだ、というような気がしないでもないが。やはり今の時代、安全第一なのだろう。
    なぜか、オライリーのコーナーではなく育児書のコーナーにあったので、探す人は注意。

  • 読んでいるとニヤリとさせられる。いい歳したオッサンの私でも試してみたくてうずうずする。大学生はどれくらい体験してきているのか。調べてみると面白いかも。

  • 自宅ソファーで読了(17)
    コンセプトはすばらしいけど、内容が想像とちがったなー。
    「友達に毒を食べさせよう」は笑った。

  • 三人の子どもが9歳以上になったので、興味深く読みました。

    必要なのは、やっぱり男の子だなぁ〜。息子たちはいくら言っても、自分で体験しないとわからない…その点、女の子は事前に考えることができるので。

  • まさにタイトル通りの事柄が列記されている。絵がよいし、カテゴライズというか、それをくるんでいる世界観もよい。
    瞬間接着剤で指をくっつける、など、ふざけているようで、その不自由な体験から得られるものがある、というようなことが盛り沢山。ただそれは、親が子に教えるべきなのか。そこはどうにも腑に落ちない。
    やっぱり親の目を盗んでやって欲しいけど、接着剤はともかく、紙コップでお湯を沸かすとか、こっそり小さい子にやられたら危ないな、というものもあって…なんて思う時点で、負けか。危ないことは一般に面白い。

  • この本のコンセプトは本当に素晴らしい。
    怪我をしないように、病気にならないように、危ないことから子どもを遠ざけるのは、本当に本人のためになっているのか?
    刃物の危なさ、火を使うこと、ものを爆発させること、、、何が危険なのか、どうしたら危険を避けられるのかを察知できる能力を身につけさせることこそ、本当の教育なのでしょう。

    本の中には、「えっ、それ本当にこどもにやらせる?」と思うものもあるのですが、そう思ってしまうあたり、私も危険を避けて生きてきてしまったのでしょう。

    自分に子供ができたら、この本を見ながらぜひ一緒に危険なことをやってみたいと思わされた本。

  • 評価3(読んで納得)
    著者の信念、すべては「無茶をやる」ことから習得する、に共感を覚える人は是非とも読んで欲しい。自分でもやってみたくなること請け合い。
    このままワークショップの教材として使えるぐらい良くできている。
    内容には満足しているけれども、もっと手頃な価格で手に入るようにした方が本書の趣旨には沿っていると思う。

    こんな人にオススメ
    -子供の頃冒険できなかった大人
    -自分の子ども世代には冒険して欲しい大人
    -ちょっと危ないことやってみたい子供

  • ユーモアにあふれていてよかった。

  • 制御された環境で、危ないことを体験して、自分の限界を知っておくこと、
    というコンセプトの本。
    危ないからといって子どもからナイフを取り上げるのではなく、
    危険の少ない課題でナイフを実際に使う体験をして、
    その性質を知っておこうというものです。

    この考え方は、同感ですね。

    たくさんお酒をのんでみて、
    どれくらいだと箸を使えて正常なふりをできるとか、
    どれくらいいくと吐いてぐだぐだになるとか、
    どれくらいがんばると翌日二日酔いや翌々日三日酔いになって動けないとか、
    どれくらい飲むと本当に命が危なくなるとか、
    いろんなシチュエーションを体験しておくと、
    たいていのことでは死なない、という自信がつきます。
    ちなみに、私のポリシーは、
    どんな状況になっても簡単には死なないこと、です。

    2011/08/31

  • うーん。マニュアルとしてではなく、ちょっとした読み物としてならまあ時間の無駄ではないとは思う。

    「もっとくわしく」の子育てとは何の関係もないウンチクがいちばん興味深く読めた。

  • 上司から聞いた話だと、最近は「家のトイレが全自動の洋式だから、外の和式のトイレで座って用をたすことができない子」とか「家がオール電化で火に触れたことがなく、危険なものだと認識できずに火傷してしまう子」とかも出てきているらしい。世間の子供を見守る大人として(まだ自分は「親として」というステータスは無いので)、子供を危険な目に遭わせないようにする、というのは間違いなく大事なこと。でも、あまりに過保護になってしまって、その子供の生き抜くための力を奪ってしまってはいけない。

    怪我をさせたくない、危険なことをさせたくない、だからその危険なものから遠ざけて、絶対に触れさせないようにしよう、というのは、「なんか起きた時に面倒になるから」「危険なことをさせてる間は目が離せないから、そんなことに時間を潰したくない」という、大人の怠慢でもあると思う。
    子供が自由な発想で、時に大人の目から見たら危ないと思われることをやりたがるのは自然なこと。だいたい、自分が小さかった時のことを思い出しても、親に言ったら怒られるだろうなーってことの方が楽しかったしね。

    この本に書かれてる50のことのうち、9割以上は大人が見守ってあげればまったく問題なく、怪我もせずに体験することができるものだと思います。要は、それをしたいという子供のために、自分が時間を割いて彼らに向き合ってあげられるかどうか。
    そんなことを考えるためにも、子供に触れる機会のある人なら一度は読んでおいて損はないと思う。

  • 衝撃的!ちょっと怖いことも書いてある。以前はいたずらにしていたことかもしれないけれど…。これらを「怖くてできない」って思ってしまう私自身が、すでに「過保護世代」なんだと思った。

  • 201204/
    (序文)
    この本には、子どもだけでなく大人にとっても危険なことばかりだと思われる方もいるでしょう。しかし私は、これらを体験しないことのほうが、結局は私たち自身や私たちの社会にとって、もっと危険なことになると心配しています。ここで紹介している活動は、実際の現象を、とにかく体験してみるための方法です。そこから、注意して物事を観察する意識が生まれ、物事を探究する好奇心が芽生えます。化学物質や機械を実際に扱うことは、物づくりの技術や創造的な思考を育てるうえで、非常に意義深い体験となります。そして、「お手上げ状態」になるのは、怖くておかしくて楽しいことでもあります。こんな方法で現実と対面できる場所は、今は幼稚園か大学院にしかありません。認識能力の開発においては、実際にやってみることが、もっとも効果的な方法とされていますが、残念なことに、学校でも街角でも家庭でも、禁止されていることがほとんどです。
    それを実行するのが、この本です。強い好奇心、物づくりの技、試す気持ち、考える力を持つ子どもに育てるためのガイドです。こうした能力は、結果的には、子どもたちを探究心旺盛な社会の一員に育てるための力となり、ひいては次世代の発明家、改革者、指導者を生み出す基盤となります。そこで私は、老いも若きも、経験者も未経験者も、とにかくあらゆる人たちに、この本に書かれているすべての活動を実行してほしいと考えています。これを実行すると、見慣れたものが違って見えるようになります。「こんなときはこうしろ」と教わってきた判断の基準に疑問を抱くようにもなります。そしてこれまでは「やり方がわからない」と決めつけていたことも「まずやってみよう」と思えるようになり、人間の度量が広くなります。さあ、やりましょう。大変なのは最初の危険な一歩だけです。/

  • 子どものうちに体験しておくと
    のちのち大人になったときに役に立つサバイバル術。
    というか雑学。

    私はほとんど体験済みだったのだが、周りは
    「そんなことしないよ!!」とのこと。
    案外やんちゃ。

    ちゃんとレポートを記述するところもあるので
    実際に使えるかもしれない。
    後半は「この体験の意味はどうか」というのもしっかり記載されているので
    ネタとしての本とはちがうらしい。

  • 子供と実験したい!いないけど!!

  • 危ないものは子供から遠避けて社会全体が過保護になっている、だからあえて危険な経験をさせて本当に危ないことを知り自分のことを守れるようになる、ということだそうです。50個の最初の1つ目に「9ボルト電池をなめてみよう」と書いてあって驚いたけど、火を使う、ナイフを使う、子供の頃いたずらしながら経験したものもいくつかありました。小さなお子さん(特に男の子)がいる方には、とてもお勧めの本です。

  • 自由な環境で子どもにものづくりの体験をさせる取り組みをテーマにしたTEDトーク「ゲーバー・タリーが工作を通じて教える人生の教訓」でも知られる著者の本。子どもがちょっと背伸びをして出来るような実験の数々が紹介されている。具体的な進め方などが書かれているのもよいが、子どもと安全に関する著者の考え方が述べられている前文が特に素晴らしい。

全35件中 1 - 25件を表示

子どもが体験するべき50の危険なこと (Make: Japan Books)を本棚に「積読」で登録しているひと

子どもが体験するべき50の危険なこと (Make: Japan Books)の作品紹介

本書は、さまざまな分野から選んだ50の活動を通して「本当の危険を見きわめる力」と「それに対処する力」を身につけるための書籍です。「ナイフを使う」「目かくしで1時間すごす」「強風の中で手作り凧をあげる」「やりを投げる」「ミツバチの巣を探す」「車を運転する」「指を瞬間接着剤でくっつける」などの活動を親子で行うことで、道具を使う技術、とっさの際の身体の使い方、テクノロジーと社会の仕組みなどに関して、体験にもとづいた知識を得ることを可能にします。

子どもが体験するべき50の危険なこと (Make: Japan Books)はこんな本です

ツイートする