Processingをはじめよう (Make: PROJECTS)

  • 143人登録
  • 3.74評価
    • (3)
    • (9)
    • (6)
    • (1)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : Casey Reas Ben Fry
制作 : 船田 巧 
  • オライリージャパン (2011年10月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (252ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784873115153

Processingをはじめよう (Make: PROJECTS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • プログラミング入門に最適。sin波を円の色の変化に変換する作業に心ときめいた。ごく単純なんだけど, 少し動的に視覚化するだけでこれほどまでに印象が異なるとは...。小・中・高等教育などにおいて, このような道具を用いて数学に触れる機会があったならば, きっと数学に対する心構えも違っていたことだろう...。プログラミング入門者でも非常に簡単に楽しむことのできる言語だと思うが, 最後の「配列」には理解するのに少し苦戦した。いやはや3Dにも対応しているというのだから, 果てしのない山を, わたしはまだ, ほんの少し登り始めたにすぎない...。

  • 背中に青色シールを貼った図書のコーナーに並んでいます。

  • *図書館の所蔵状況はこちらから確認できます
    http://opac.lib.kitami-it.ac.jp/webopac/catdbl.do?pkey=BB50100583&initFlg=_RESULT_SET_NOTBIB

  • まだ、はじめの方を、パラパラと読んだだけですか、知的な好奇心を刺激される、懐かしい感じがします。マイコン時代にBASICの入門本を見ながら、試しにソースを入力していたあの時の雰囲気がします。
    プログラミング経験者が読むのもいいですが、これは、むしろ、これからプログラミングを始めたい、若い人に読んでもらいたい本ですね。

  • Processingは、インタプリタ型言語で、プログラミング初心者にもとっつきやすい。Windows、Mac,Linuxどれでもソフトが有るのがよい。BASICをやった世代なら、そうハードル高くなく始められると思う。本書はプログラミングを始める学生にもうってつけの教科書だな。

  • 地元の図書館で読む。サーバサイドJAVAの欠点は出口です。FLASHが使えればベストです。しかし、FLASHの時代ではないでしょう。このツールが使えればと思って読んでいます。

  • 和図書 548.964/R21
    資料ID 20111036306

  • 貸し出し状況等、詳細情報の確認は下記URLへ
    http://libsrv02.iamas.ac.jp/jhkweb_JPN/service/open_search_ex.asp?ISBN=9784873115153

全8件中 1 - 8件を表示

Processingをはじめよう (Make: PROJECTS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

Processingをはじめよう (Make: PROJECTS)の作品紹介

Processingは、イメージ、アニメーション、インタラクティブなグラフィックスをプログラムするためのオープンソースのプログラミング言語です。紙にスケッチするように、すぐに結果が確認できることから、プログラミング入門としても優れています。開発者自らが執筆した本書では、シンプルな図形の描画にはじまり、変形、インタラクティブな動き、関数やオブジェクトを使ったプログラム、さらにArduinoを使ってセンサのデータを可視化する方法まで、わかりやすく順を追って解説します。日本語版ではクイックリファレンスとAndroidプログラミングに関する解説を加えました。Processing2.0対応。

ツイートする