Rクックブック

  • 103人登録
  • 4.00評価
    • (4)
    • (6)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : Paul Teetor
制作 : 大橋 真也  木下 哲也 
  • オライリージャパン (2011年12月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (374ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784873115337

Rクックブックの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • これもまぁまぁ使ってるけど、ほしいことが書いてなかったり、いまいち不便。

  • 背中に青色シールを貼った図書のコーナーに並んでいます。

  • 小ネタがたくさんあり、リファレンスのように使えます。頑張れば初学者でも読み進められると思います。
    例として挙げられているソースが、すべてRに組み込まれているデータセットだとよりよかったかと。

  • 系推薦図書 3系(情報・知能工学系)
    【配架場所】 図・3F開架 
    【請求記号】 007.64||TE

    【OPACへのリンク】
     https://opac.lib.tut.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=164236

  • タスクからコードを調べる類のものかと思いきや、どちらかというとRの入門書。

  • ある程度、他の言語を触っていたので、こういうリファレンスブックが1冊欲しかった。
    実はこの本を購入する前に適当にR言語プログラミングを行なっていて、後からこの本を読んだ時に色々無駄をしている(便利関数の存在を知らなかった)ことに気付かされ、少し凹んだ。
    ネットで調べるのも大事だけど、こうして本で1冊持つのも安心感があっていいと思う。

  • 和図書 548.964/Te15
    資料ID 2012100669

全9件中 1 - 9件を表示

Rクックブックを本棚に登録しているひと

Rクックブックを本棚に「読みたい」で登録しているひと

Rクックブックの作品紹介

オープンソースの統計解析ツール、Rの使い方、機能、威力を、200以上におよぶ問題の「レシピ」を通じて紹介するクックブックです。Rを使う上で頻繁に遭遇する問題、役に立つヒントを厳選した、実用的、実際的なテクニック集となっています。Rの基本操作から、高度なテクニックまで網羅。初心者にとってはつまずきやすいポイントや間違いやすい箇所を的確にフォロー。中級者以上にとってはRを使った作業がより生産的、効率的になるような「使える」レシピを用意しています。

ツイートする