インタフェースデザインの心理学 ―ウェブやアプリに新たな視点をもたらす100の指針

  • 1110人登録
  • 3.89評価
    • (58)
    • (77)
    • (56)
    • (8)
    • (3)
  • 77レビュー
著者 : Susan Weinschenk
制作 : 武舎 広幸  武舎 るみ  阿部 和也 
  • オライリージャパン (2012年7月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784873115573

インタフェースデザインの心理学 ―ウェブやアプリに新たな視点をもたらす100の指針の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 使う人にとって、ちゃんと動いて、使いやすいためのデザインを作るために知っておいたらよい心理学の理論、トピックのカタログ。内容は幅広く、色彩、認知、モチベーション、選択、ストーリーなど、どれもそれだけで1冊になるものを、各テーマ数ページでまとめている。

    そういうわけで、厳密には各理論は適用できる状況や条件が限られているため、本の紹介を鵜呑みにしてしまうと大変なことになってしまうのだが、一つひとつの出典を明記している上、さらに詳しく知るためのガイドもあるため、実際に適用する前には、ちゃんと調べてから行うこともできる。

    本書で挙げられる例は、Webアプリケーションのインターフェースに関するもの多いが、その内容はモノのデザインだけでなくサービスのデザインにも適用できるところがあるだろう。

  • Webデザインとあるが、人間の行動や認識について、心理的、脳科学的な知見から100個の例を示しているので、例えば自分のサービスや商品、アプリなどをどうマーケティングするか、または組織内においてどうコミュニケーションをとるかなど広く使える知識が紹介されている。幅広くとても参考になる良書。

  • 近くの本屋さんで見かけて、とうとう購入しました!!
    気楽にチップス拾える感じで、しかも、元ネタは論文からだったりで、信用も出来て、ハマっています(*^^*)

  • ちまちま読んでたのだが6~8章が面白くて一気に読み終わり。デザインの話から始まり、人間の行動・心理についてサクッと100項目でまとめてある。特に7章あたりの情報探索中毒の話や、SNS話を絡めた人の社会的行動とかが個人的に面白かった。サブタイトルがウェブやアプリに新たな視点を~ってあるけど、心理学好きな人にもおすすめ(。-∀-) やー、久々に勉強本で面白い本に会えた。

  • インターフェイスデザインの心理学ということで、
    作り手のUI心得的なことかと思っていたが、読んでみるとむしろ受け手として為になる一冊だった。

    全十章、各章約10項目ずつの合計100項目にまとめられている。
    各章毎に焦点を絞って序盤は感覚的な事、中盤以降は思考や精神的な事について述べられている。
    一つ一つのノウハウはビジネス書やライフハッカーあたりに取り上げられてそうなものだが、スイスイ読める単位になっているしこうまとめられていると面白い。

    インターフェイスデザインという言葉はあるが、人との接点という意味ではデザインに限られた知識でもないので、誰でも読んで価値のある本だと思う。そして自分と向き合うにも役に立つ。

    特に気になったのはヤル気に関する事。
    お金のような外的報酬が役に立つこともあるが、発見や進歩による達成感のような内的報酬が大事なこともある。ということ。
    こうやって感想を書いているのも、きっと次に繋げる大事な事。

  • この本は邦題の付け方が間違っている。素直に英語のタイトルである「デザイナーがヒトついてに知っておくべき100のこと」にするべきである。
    心理学のことについて、とくに数々の心理実験のことについて書かれているのだが、結局それらがインターフェイスデザインに落とし込まれていないからだ。その意味では期待はずれの本出会った。

  • 二割ほど読み進めた.アフォーダンスについては誤っている.ジェーム・ギブソンの受け売り.

    「インターフェースデザイン」のための認知心理学のアプローチと思いきや,
    認知心理学のエッセンスのエッセンス,といった薄い内容.
    デザインに直接関わってくることがない.
    本来の心理学が語りかけてくるところを知りたければ,
    大学の一般教養レベルの本をとってみたほうが良い.

  • 物はやや上から斜めに見た形で思い浮かべる

    人は近くにあるものを同じグループだと思う

    目標に近づくほど「ヤル気」が出る

    人は予測ができないと探索を続ける 
    未読メッセージの件数表示

    目標に近づくほど「ヤル気」が出る 

  • UXと関連の強い心理学を理解するために読んでみました。
    いわゆるトリビア的な心理学(人に話したくなるような)は少ないですが、ユーザー心理の基礎が理解できる本です。

  • webデザイナー向けの内容だったが、認知心理や行動心理など人間の無意識に関するテーマを平易な言葉で解説しており、一般人にとっても非常に読みやすい本。
    個人的には「一度に覚えられる物事は4つまで」、「マルチタスクは事実上不可能」、「人は自分の処理能力を超えた数の選択肢や情報を欲しがる」といったような人間は一度に多くの情報を求めるものの能力的にはわずかな数しか処理できないという趣旨の話について特に関心を持った。

全77件中 1 - 10件を表示

Susan Weinschenkの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウォルター・アイ...
エリック・リース
ウォルター・アイ...
有効な右矢印 無効な右矢印

インタフェースデザインの心理学 ―ウェブやアプリに新たな視点をもたらす100の指針に関連するサイト

インタフェースデザインの心理学 ―ウェブやアプリに新たな視点をもたらす100の指針はこんな本です

インタフェースデザインの心理学 ―ウェブやアプリに新たな視点をもたらす100の指針を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

インタフェースデザインの心理学 ―ウェブやアプリに新たな視点をもたらす100の指針を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

インタフェースデザインの心理学 ―ウェブやアプリに新たな視点をもたらす100の指針の作品紹介

デザインは相手から反応を引き出すための大事な要素です。本書ではすべてのデザイナーが知るべき100の指針を実践例とともに紹介します。科学的な研究から導き出されたこれらの指針を理解してデザインすれば、人間の思考や行動、遊び方にマッチした直観的で人を引きつける製品――印刷物、ウェブサイト、アプリケーション、ゲーム――を作れるようになります。

ツイートする