「レベルアップ」のゲームデザイン ―実戦で使えるゲーム作りのテクニック

  • 158人登録
  • 4.39評価
    • (17)
    • (6)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 10レビュー
著者 : Scott Rogers
制作 : 塩川 洋介  佐藤 理絵子 
  • オライリージャパン (2012年8月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (524ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784873115634

「レベルアップ」のゲームデザイン ―実戦で使えるゲーム作りのテクニックの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • これは日本人が書いたほうがもっともっと面白い本が書けるんじゃないかなと思ってしまう。
    こう考えると日本人の方がゲーミフィケーションってなじみ深いんだと思う。だから、こんな外来語いらないねん。

  • ゲームデザインのTipsがたっぷりと盛り込まれている。

    ゲームはクリエーターのセンスや感性で作られているように考えられがちだが、実はたくさんの方法論から成り立っており、よく出来たゲームは十分に考えつくされているということがわかった。

    自分自身はあまりゲームをしないので、初めてこのように言語化され、目からウロコであった。

  • ゲーム開発者じゃなくてもゲーム好きなら面白い内容です。
    著者(スコット・ロジャーズ)の文章、絵、注釈がユーモアたっぷりで読んでいて飽きません。
    翻訳も上手くされているのでとても読みやすかったです。

  • 【請求記号】7900:76

  • プレイヤーが上手く言語化出来ないけど「面白い」と感じている部分というのは、当然のことながら制作側は意図して盛り込んでいるわけで。そういうゲームの「面白さ」のメカニズムを製作者向けに書いた本著は、いちプレイヤーから見ても相当に読み応えのある内容でした。きっと本著を読んだ後でゲームをプレイすると、「こういう所も配慮しているのかもな」みたいな良かった探しができるかもしれないし、「本当に考えて作ってるのかこれ」とかえって制作への不信感を深めることになるかもしれませんw

    しかし「そんなに何度もプレイヤーを罰する必要はありません」という指摘についてハッとさせられましたね。

  • 推薦者 情報システム工学科 曽根宏靖 先生

    *図書館の所蔵状況はこちらから確認できます*
    http://opac.lib.kitami-it.ac.jp/webopac/catdbl.do?pkey=BB50100733&initFlg=_RESULT_SET_NOTBIB

  • これはすごい本だ

  •  ゲームを作るのがいかに大変な作業だということが身に染みて分かった
    これはおもしろくないゲームだと安易に言えなくなってしまったかもしれない、でも面白くないものはおもしろくはないのだが・・・・

     これ一冊でゲームの出来上がりを追体験できるわけだが作者が外国人日本のゲームでの掘り下げではないので少し戸惑いがある。

     監訳の人が日本人ましてはスクエニの社員なわけで願わくはFF、もしくはDQでのゲームのつくり方一から百までを読んでみたいものだ塩川さんお願いします。

  • 和図書 798/R62
    資料ID 2012102808

  • 広く浅く、な感じ。
    いろんなジャンルのゲームをひっくるめて対象にされている。
    カメラワーク、ゲージ表示、ストーリー作成、ボスキャラクター、など。

全10件中 1 - 10件を表示

Scott Rogersの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
J・モーティマー...
クリス・アンダー...
ジェイン・マクゴ...
有効な右矢印 無効な右矢印

「レベルアップ」のゲームデザイン ―実戦で使えるゲーム作りのテクニックに関連するまとめ

「レベルアップ」のゲームデザイン ―実戦で使えるゲーム作りのテクニックを本棚に登録しているひと

「レベルアップ」のゲームデザイン ―実戦で使えるゲーム作りのテクニックを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

「レベルアップ」のゲームデザイン ―実戦で使えるゲーム作りのテクニックを本棚に「積読」で登録しているひと

「レベルアップ」のゲームデザイン ―実戦で使えるゲーム作りのテクニックの作品紹介

ゲームデザイナー/ゲームプランナー必携のガイドブック。『ゴッド・オブ・ウォー』『パックマンワールド』『マキシモ』シリーズなどのヒット作を生み続けるスコット・ロジャーズが、企画やプレゼンから実際のゲーム制作、さらにはスランプの脱出法まで、ゲームデザインのすべてを楽しくわかりやすく解説します。家庭用のテレビゲーム開発だけでなく、モバイルやソーシャルゲームの開発にも役立つノウハウが満載です。企画書のサンプルなど今すぐ使えるボーナスコンテンツも多数収録しました。第一線で活躍している現役のゲームデザイナーが解説する本書は、現場で実際にゲームを制作しているプロにとってもクリエイターのタマゴにとっても必読の一冊。

「レベルアップ」のゲームデザイン ―実戦で使えるゲーム作りのテクニックに関連するサイト

「レベルアップ」のゲームデザイン ―実戦で使えるゲーム作りのテクニックはこんな本です

ツイートする