リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック (Theory in practice)

  • 2248人登録
  • 4.30評価
    • (312)
    • (259)
    • (90)
    • (9)
    • (0)
  • 229レビュー
制作 : 須藤 功平  角 征典 
  • オライリージャパン (2012年6月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (260ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784873115658

リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック (Theory in practice)の感想・レビュー・書評

  • とてもよい。これがあればコーディング規約いらなくね

  • 読んだら当たり前と思うことばかりだけど、自分が実際にできてることはほとんどなく、この本に書いてあることを常に意識してコードを書けるようになりたい。

  • 読んだ
    普段からコードを書くときに気をつけてるけど独学なのでこれでいいのか曖昧だったところがある程度固まった

  • 入社1ヶ月目。
    初めて新規実装、付け足し。

    とりあえず、変数の付け方が役にたった。

    javaとかあんまわからんので、ところどころ読みにくい。
    まあ、またそのうち学びになりそう。

  • 普段なんとなくつけていた変数・関数の命名についてあらためて勉強しました。
    「どうしてこの名前にしたの?」と言われると、明確な理由を説明することができず、言葉に詰まってしまうことが多々ありました。
    あいまいとされている単語(getやendを使う際の留意点、関数の切り出すと良いケースなどが実際にサンプルコードとともに記述されているので、イメージしやすいです。

    自席に1冊おいておいて、コーディングする際に参考にしたい!

  • 【読みやすさの基本原理】
    コードは他の人が最短時間で理解できるように書かなければならない。

    一貫性と意味のある並び、コメントすべき内容とすべきでない内容、巨大な文を分割することなどが書かれているが、究極的には上記の基本原理を意識することが何よりも大事だと思われる。
    公開されたり、紹介されたりしているコードを見ると自分自身のレベルが低いことが原因かと思うことがあるが、必ずしもそうでない。

  • 職場の後輩から借りて読んだ。
    当たり前だけど大事な内容。
    ひじょーに読みやすい。
    あと日本語訳がおもろい。

  • コードを「良く」したいのは全プログラマーの総意だ。でもどうしたら「良く」なるのか。「良い」とは何か。そんな基本的だともいえることでも、説明しようとすると難しい。本書はプログラミング初心者でも、あるコードがなぜ、どこが、どう良いのかを分かりやすく説明してくれる。これを読んだ前と後ではコードに対する考え方が相当変わったと思う。そして明日から実践できる。さあやろう。

  • IT業界に携わる人は絶対に読むべき一冊。

  • 実際のところ、一体誰のためにコードを書いているのかを思い出すと、読みやすいコードの重要性に気付ける。

  • 2012年刊。ソースコードを読みやすく書くためのノウハウ集。書き直し前と後の具体例が豊富で分かりやすい。ソースコードだけじゃなく、仕様書(ユースケース記述など)を書くときにも使えるテクニックがたくさん。

    ◆【引用メモ】文書化するときには、「このコードを見てビックリすることは何だろう? どんなふうに間違えて使う可能性があるだろう?」と自分に問いかけるといい。(p.65)◆(if/elseブロックの並び順)条件は否定形よりも肯定形を使う/単純な条件を先に書く/関心を引く条件や目立つ条件を先に書く (p.87)

  • プログラミングマナーの教科書。手書き文字を起こす際に「人が読めるように綺麗な字を書きましょう」という心構えのプログラミング版。変数の名前の付け方から、ループ文をよりわかりやすくするための方法やテストのやり方まで、具体例を挙げる形で書かれてる。必須のお作法教科書、ちょっと経験積んだ人向けな気がした。変なプログラミング癖がつく前に読んだほうがいいけど、実際にプロジェクトとかに噛んでから読むとより実感できて身につくと思う。一気に覚えずより、定期的に読み返しながら意識づけるようにしたほうが効率的に身に付きそう。

  • 英語の単語力ないと本書のように正しいコメントつけるの難しいと思った。

  • 出版当初も購入して即日読んだが、ブクログ始めたのをきっかけに再読した。
    内容はすでに多くの評価を受けているとおり、ITエンジニアがぜひ読む一冊だと思う。
    コードの書き方、コメントの書き方からコードの再構成まで
    読みやすく構成されている。
    特に単なるハウツーだけではなく「なぜ」そうしなければならないか、という根拠・背景までしっかり解説しているので腹落ちしやすい。
    もちろん全部読むのが望ましいが、IT初学者でも最低でも9章までは読めると思うので読んでほしい。

  • 良いコードを書くための教科書だと思います。
    分量も適切で読みやすく、非常に良くまとまっているため近年は新人や若手におすすめしています。
    これを読んでくれているとコードレビュー時も引用できて指摘をすんなり受け入れてくれるため重宝しています。

  • 2014年のITエンジニア本大賞にも選ばれており、Web上での評判も良さそうに見えたので読んでみました。
    評判通りの良いほんと感じました。

    まず、語りかけるような口調で書かれており、読みやすい。
    また「すぐできること」から「プログラム全体に関わること」まで4章に分けて書かれている。そのため、どのレベルの人が読んでも実際に行動に移せる。

    著者が巻末に書いている。
    日々自分がコードを書くときには、コードの読みに草に気づきにくい。意識し、書いてみて、他の人に見てもらい...の繰り返しがリーダブルコードを産む。定期的に読めるよう、永く手元に置きたい本です。

  • 新卒エンジニアなら誰もが読むべき本だと思う。
    くそコードは誰も幸せにしません。
    みんなで綺麗なコードを書きましょう。

  • 副題の『シンプルで実践的なテクニック』を地で行く。

    実際の現場で使いやすいメソッドが並んでおり、非常に実用的。
    平易な語り口で読みやすいので、折に触れて何度も読み返したい。

    書いてある事がシンプルだからといって、それをコードに適用することは同じように簡単とは限らない。
    そういう意味で、読みやすさも非常に重要なファクターになる。

  • なんてこった。
    非エンジニアには難しい内容。
    (第1部はなんとか理解できる)

    まずはコードをたくさん書いてみて、
    再読する。

  • リーダブルコード
    この分野ではもはや聖典となっている技術書。
    どの言語であっても必須となる正しいコードの書き方を詳細に紹介。

    優れたコードとは何ぞや?というという問いはプログラマならだれもが考えたことがあるはず・・・
    が具体的に定義を聞かれると難しいだろう。
    本書のコンセプトは一貫しており、「理解しやすいコード」が優れたコードだといっている。

    これには同意。プログラムは常に次に読む人のことを考えて書かなくてはだめ。

    以下要点。

    命名
     大前提として具体的でわかりやすいもの
     名前の情報量はほぼスコープに比例する
     競合しやすい場合は規則を考える
     また一般的に使われているルールを踏襲すること

    レイアウト
     改行やフォーマットなどを整える
     情報のグルーピングを行い、同種の情報は近くにまとめる
     数式のように視覚性を重視する

    コメント
     はまりやすいところや警告しやすいこと
     当たり前のことまで書きすぎないこと
     情報が多くなりすぎる場合は名前に情報を与える
     要約系のコメントを載せる
     わかりにくい場合は具体例で

    制御系
     ネストはなるべく少なく。2段以内に
     例外系の処理は早く返す
     複雑な処理は分割する
     小さくコンパクトにまとめる
     否定形よりも肯定系を使う

    変数・関数
     変数を少なくしすぎない、多くしすぎない
     メソッドは1つのことに集中する
     変更がない場合はその旨をかく(constなど)

    その他
     抽象度をあげ、共通問題を解決できるようにする
     テストを意識したコードを書く
     エラーメッセージを読みやすくする
     ライブラリをなるべく使う

    7~8割は知っていた&意識していたことでまるっきり知らない情報というのは少なかった。ただ正しいコードの確認ができたという意味ではよかったと思う。

  • 早速明日から実践できます。

  • 一番印象深かった文中のフレーズは、次の文章。
     
    「最も読みやすいコードは、何も書かれていないコードだ」
     
    つまり余計なことは一切書かれていなく必要最低限のことだけ記述しているコードが読み手を混乱させず、理解しやすいということだと認識してる。

    当然のことを根拠建ててしっかり説明してくれている本。

  • 良きコードとは何か、について書かれた本。書かれていることの多くが、「言われてみれば当たり前なんだけどすごく重要なことでありながら、普段ついつい忘れがちになること」が多く、勉強になった。終盤の方は自分にとっては難しくざっくり読む程度に留めた。

全229件中 1 - 25件を表示

リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック (Theory in practice)に関連するまとめ

リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック (Theory in practice)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック (Theory in practice)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック (Theory in practice)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック (Theory in practice)を本棚に「積読」で登録しているひと

リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック (Theory in practice)の作品紹介

コードは理解しやすくなければならない。本書はこの原則を日々のコーディングの様々な場面に当てはめる方法を紹介します。名前の付け方、コメントの書き方など表面上の改善について。コードを動かすための制御フロー、論理式、変数などループとロジックについて。またコードを再構成するための方法。さらにテストの書き方などについて、楽しいイラストと共に説明しています。

リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック (Theory in practice)に関連するサイト

リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック (Theory in practice)はこんな本です

ツイートする