リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック (Theory in practice)

  • 2332人登録
  • 4.31評価
    • (325)
    • (265)
    • (93)
    • (9)
    • (0)
  • 239レビュー
制作 : 須藤 功平  角 征典 
  • オライリージャパン (2012年6月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (260ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784873115658

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エリック・リース
濱野 純(Jun...
有効な右矢印 無効な右矢印

リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック (Theory in practice)の感想・レビュー・書評

  • 良書。全員読んで世界が平和になってほしい

  • 綺麗なコード、或いは読みやすいコードの具体的な意味が分からなかったから、この本はとても参考になる。
    変数の付け方とかに意識すべきポイントとかが分かって良かったけど、実践するにはもう少し英語力あげないと無理な気がした。

  • 先輩の勧めで読みはじめる。

    もうちょっとコーディング能力が上がってからの方がしっくりくる気がする。
    でも美しいコードの全体は掴めたような。
    1年後にもう1度読みたい。

  • 新人エンジニアの学習用としても有用ですが、ベテランが読んでも効果があると思える本。コードを書く多くの人に読んで欲しいな、と思える一冊です。

    私はこの本を読むまでは、コードを読みやすくするテクニックのためにこんなにページ数が必要なのかと思ったのですが、読んで納得しました。様々な観点から記述されており、読みやすくするためのテクニック、視点、考え方を提供してくれています。観点の多さに驚くとともに、これらは読みやすいコードを書く上で即役立つものばかりでした。ただ、時間がたつにつれて忘れることもあるので、時々パラパラと読み直したい本ですね。

  • スクリプトでもプログラムでも、何かコーディングをする(またはソースコードをレビューする)機会がある人にとっては一読の価値がある良本。
    単に「動く」だけではなく、可読性、保守性に優れたコードを書くとはどういうことかについて、様々な事例を通して解説してくれています。単に自分だけが使うプログラムならともかく、他人にも使わせることになるなら、「分かりやすいコード」を心がけたいもの。そのノウハウがこの1冊に凝縮されています。

    本当に冗談抜きで「凝縮」されているので、かなり内容が盛りだくさんです。事例も、C++,Java,Python,JavaScriptなどいろいろなコードで表現されていますが、それらについて全て理解しておく必要はありません(本質は同じなので)。全体を通してかなり読みやすいのですが、どのページをしても余計な部分がないので、読んで理解はできても全て習得するのは難しいでしょう。一度読んで理解して、また必要な時に何度も読んで思い出すことになると思います。ただ、何度も読み返す価値はあるだけの、素晴らしい本だと思います。

  • けっこう当たり前、でも実践すべき場面ではなかなか思い出せないよね、というような技法の数々の実例集。
    そんな自分のことを棚に上げても、リーダブルなコード製造の実践ができていないというか、そもそもそんなことを端から意に介していないような既存ソースコードに苦しめられたことも一度や二度じゃないことを思い出して反芻させられる、希望と失望を新たにする書。

  • プログラマなら誰でも汚いコードを読んだ経験があるはず。そのコードがなぜ読みにくいのか、どうしたら読みやすくなるのかがわかる。
    全ての項目でサンプルコードとともに分かり易く解説している。
    サンプルコードの言語も特定の言語に寄らず、C++、PHP、Python、Javaなど様々な言語で解説しているところからも、コーディング全般に適用できることが分かる。しかし、これらの言語仕様の基本を知らないと、サンプルコードを理解し難いと思われる。
    そういった意味では中級者以上向けの本かもしれないが、変なんクセのつく前の初級者のうちに読んでおいて欲しいと思う。
    コーディングをする人全てに是非読んでもらいたい。

  • 通底しておくべきコーディングルールをザッと網羅したもので、命名規則やイテレータ、ロジックなどコーディング全般に渡る「こういう時、どうすれば?」を扱っている。
    技評社が出している「良いコードを書く技術」と比べると、命名規則やif/elseの上手か書き方、コード全体の美しさに関しての言及はリーダブルコードの方がもう一歩奥に踏み込んでいて実践的だが、さすがにメソッドやクラスの分割の話になると、条件そのものがテンポラリであるため、浅いというかなんというか「手で書いて覚えた方がいい」的な感じを覚える。

  • よいコードとは理解し易いコードのことであり,すなわち読み易いコードのことである,という立場から,自分が書いているコードを読み易くするTIPSが載せられている.誰にでもすぐに始められる「名前の付け方」や「コメントすべきタイミングとその内容」から始まっていて取っ付き易い.徐々にループロジックや変数の置き方の説明入り,最後は関数の抽出やサブクラス化などのリファクタリングに近いことも実施しているが,あくまでも“理解し易いコード”がテーマであり目的がはっきりしているので,最後まですんなり読み通せると思う.
    “〜だからね。” “〜なんだ。”といった親近感の湧くこなれた表現の訳.実際,バッドコードを例示して,読者と一緒に思考しながらよいコードに変えていく,という構成になっており,そこも読み易いポイント.上級者がどのようにしてよいコードを書いているのか,という思考が書いてある良書.

  • タイトルの通り読みやすいコードを書くための考え方が書かれている。プログラマなら皆知っているような「汎用部分は関数として抜き出す」といった知識から、よくやってしまうような「retなどのような変数名を使わない」といった色々な話が詰め込まれている。言われてみれば確かにこっちの方が読みやすいといったような内容が多かった。綺麗なコードを書いて、良いプログラマライフを。

  • 読むのは2回目。
    具体的でわかりやすい。

    p73
    ♯これまでにクロールしたURLかどうか

  • コードを書くときのお作法
    知らないといつも迷ってしまうので、
    こういう事はできるだけ早く知っておいた方が良い

  • 普段コード書かないけど重要性は理解した。特にdddとかやるなら必須かと思う。
    昔は一見理解できないトリッキーなコードがかっこいいと思い込んでいた時期もあったが今となっては妄想だった。

  •  プログラマにとっての永遠の課題ともいえる読みやすいコードを書くために必要なことが全て書かれていると言っても過言ではない。わかりやすい変数名、的確なコメント文、縦に揃える、ネストは浅く、共通した記述の関数化など、どれも当たり前のことばかりであるが、実際にやるとなるとなかなか難しい。例も具体的で分かりやすいのが良い。良い例だけを載せるのではなく、悪い例を載せ、それがなぜ良くないのかを丁寧に説明しているので自分のコードへ応用するための勘どころがつかみやすい。

  • https://www.oreilly.co.jp/books/9784873115658/

    ■ToC

    訳者まえがき
    はじめに

    1章 理解しやすいコード
    1.1 「優れた」コードって何?
    1.2 読みやすさの基本定理
    1.3 小さなことは絶対にいいこと?
    1.4 「理解するまでにかかる時間」は競合する?
    1.5 でもやるんだよ

    第I部 表面上の改善

    2章 名前に情報を詰め込む
    2.1 明確な単語を選ぶ
    もっと「カラフル」な単語を探す
    2.2 tmpやretvalなどの汎用的な名前を避ける
    tmp
    ループイテレータ
    汎用的な名前のまとめ
    2.3 抽象的な名前よりも具体的な名前を使う
    例:DISALLOW_EVIL_CONSTRUCTORS
    例:--run_locally
    2.4 名前に情報を追加する
    値の単位
    その他の重要な属性を追加する
    2.5 名前の長さを決める
    スコープが小さければ短い名前でもいい
    長い名前を入力するのは問題じゃない
    頭文字と省略形
    不要な単語を投げ捨てる
    2.6 名前のフォーマットで情報を伝える
    その他のフォーマット規約
    2.7 まとめ

    3章 誤解されない名前
    3.1 例:filter()
    3.2 例:Clip(text, length)
    3.3 限界値を含めるときはminとmaxを使う
    3.4 範囲を指定するときはfirstとlastを使う
    3.5 包含/排他的範囲にはbeginとendを使う
    3.6 ブール値の名前
    3.7 ユーザの期待に合わせる
    例:get*()
    例:list::size()
    3.8 例:複数の名前を検討する
    3.9 まとめ

    4章 美しさ
    4.1 なぜ美しさが大切なのか?
    4.2 一貫性のある簡潔な改行位置
    4.3 メソッドを使った整列
    4.4 縦の線をまっすぐにする
    整列すべきなのか?
    4.5 一貫性と意味のある並び
    4.6 宣言をブロックにまとめる
    4.7 コードを「段落」に分割する
    4.8 個人的な好みと一貫性
    4.9 まとめ

    5章 コメントすべきことを知る
    5.1 コメントするべきでは「ない」こと
    コメントのためのコメントをしない
    ひどい名前はコメントをつけずに名前を変える
    5.2 自分の考えを記録する
    「監督のコメンタリー」を入れる
    コードの欠陥にコメントをつける
    定数にコメントをつける
    5.3 読み手の立場になって考える
    質問されそうなことを想像する
    ハマりそうな罠を告知する
    「全体像」のコメント
    要約コメント
    5.4 ライターズブロックを乗り越える
    5.5 まとめ

    6章 コメントは正確で簡潔に
    6.1 コメントを簡潔にしておく
    6.2 あいまいな代名詞を避ける
    6.3 歯切れの悪い文章を磨く
    6.4 関数の動作を正確に記述する
    6.5 入出力のコーナーケースに実例を使う
    6.6 コードの意図を書く
    6.7 「名前付き引数」コメント
    6.8... 続きを読む

  • 言語に依存しない良いコードを書くためのバイブル。必読。

  • ・読みやすい
    ・例が豊富
    ひどい虫食い状態だった知識が追加・整理され、コーディングの指針を知ることが出来て、すっきりした。

  • オライリー本の中で何か一冊だけ読むならこのリーダブルコードだと思う。

  • 若手でもないのに今更読んでみた。
    図書館にないから買おうか迷っていたら、
    会社にあったので借りた。
    共通のコーディング規約みたいな本。
    プログラムの書き方に迷った時に、
    こっちの方が他の人が読んだ時にわかりやすいかな?
    と判断する指標になる。

  • とてもよい。これがあればコーディング規約いらなくね

  • 読んだら当たり前と思うことばかりだけど、自分が実際にできてることはほとんどなく、この本に書いてあることを常に意識してコードを書けるようになりたい。

  • 読んだ
    普段からコードを書くときに気をつけてるけど独学なのでこれでいいのか曖昧だったところがある程度固まった

  • 入社1ヶ月目。
    初めて新規実装、付け足し。

    とりあえず、変数の付け方が役にたった。

    javaとかあんまわからんので、ところどころ読みにくい。
    まあ、またそのうち学びになりそう。

全239件中 1 - 25件を表示

リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック (Theory in practice)に関連するまとめ

リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック (Theory in practice)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック (Theory in practice)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック (Theory in practice)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック (Theory in practice)を本棚に「積読」で登録しているひと

リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック (Theory in practice)の作品紹介

コードは理解しやすくなければならない。本書はこの原則を日々のコーディングの様々な場面に当てはめる方法を紹介します。名前の付け方、コメントの書き方など表面上の改善について。コードを動かすための制御フロー、論理式、変数などループとロジックについて。またコードを再構成するための方法。さらにテストの書き方などについて、楽しいイラストと共に説明しています。

リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック (Theory in practice)に関連するサイト

リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック (Theory in practice)はこんな本です

ツイートする