Head First C ―頭とからだで覚えるCの基本

  • 69人登録
  • 4.25評価
    • (3)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 8レビュー
制作 : 中田 秀基  木下 哲也 
  • オライリージャパン (2013年4月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (604ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784873116099

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウォルター・アイ...
M.D. Con...
ウォルター・アイ...
有効な右矢印 無効な右矢印

Head First C ―頭とからだで覚えるCの基本の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ストリームの説明が印象的

    C言語の勉強をしており,この本は出版年が新しく,Amazonや以下の書評など評判がとても高かったので購入してみた。
    404 Blog Not Found:#define MUST_GET 1 /* - 書評 - Head First C */ http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/51863661.html

    全部で600ページほどの大きな本となっている。C言語初学者を想定して,C言語の基礎的な文法からプロセスやスレッド,ソケット通信など高度な内容まで扱っている。Head Firstというシリーズの一つとなっている。このシリーズでは堅苦しい文章は記憶に定着しないという考えからわざとおちゃらけた感じで無関係な写真や話が随所に散りばめられている。

    個人的にはこんなに絶賛されているほどの本ではないように感じた。不満点は以下3点だ。
    ・おちゃらけた内容が邪魔だった。
    ・リファレンスとしては使えない。
    ・期待していたArudinoやOpenCVなどの話題はヒントだけで答えはない。

    プロセスやストリームなどの話は書籍「ふつうのLinuxプログラミング」とよく似通っている。「ふつうの」のほうが細かい話もあってよかった。
    ストリームの話でのGPSのCSVファイルや,プロセスの話でPythonによるRSS解析プログラムをCから使ったり,実践的なサンプルもありそこはよかった。個人的には今まで標準入出力を軽く見ていたところがあり,ストリームの話で標準入出力の強力さがわかって参考になった。
    文法や標準ライブラリ関数など足りていない部分はあるので,この1冊だけでは不十分だ。

  • Cを勉強するのは初めてでも分かりやすくて良かった。でも少し長いというか、かなり疲れる。。。読み切るのに時間がかかってしまった。もう一度読み直したい。

  • 結構時間かかったけど読み終えられた.関数ポインタのところは何回か読み直したい.プロセスやスレッド,ポインタについては詳説CポインタやPthreadsプログラミングとかがあるので,そっちを参照するのがいいのかな?

  • 系推薦図書 3系(情報・知能工学系)
    【配架場所】図・3F開架 
    【請求記号】007.64||GR

    【OPACへのリンク】

      https://opac.lib.tut.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=158848

  • Cの入門書にありがちな説明しづらい内容をおまじないでごまかしたりすることがなかった。説明を端折ることなく全てを教えてもらえた感じがする。

    わかりやすい良い入門書。

  • 和図書 548.964/G85
    資料ID 2013100730

  • 貸し出し状況等、詳細情報の確認は下記URLへ
    http://libsrv02.iamas.ac.jp/jhkweb_JPN/service/open_search_ex.asp?ISBN=9784873116099

全8件中 1 - 8件を表示

Head First C ―頭とからだで覚えるCの基本を本棚に登録しているひと

Head First C ―頭とからだで覚えるCの基本の作品紹介

ビジュアル重視、脳細胞を活性化させて飽きさせない。衝撃的なCの入門書登場!認知科学、教育心理学に基づき、効率よく学習でき、知識が確実に身に付く工夫が満載。

Head First C ―頭とからだで覚えるCの基本はこんな本です

ツイートする