入門 React ―コンポーネントベースのWebフロントエンド開発

  • 111人登録
  • 3.74評価
    • (2)
    • (13)
    • (8)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
  • オライリージャパン (2015年4月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784873117195

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
エリック・リース
ジェームス W....
有効な右矢印 無効な右矢印

入門 React ―コンポーネントベースのWebフロントエンド開発の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • reactの本の中では一番いい。技術書自体少ないのもあれだけど

  • 背中に黄色シールを貼った図書のコーナーに並んでいます。

  • Reactに詳しい。
    Reduxに関しては記載がなしです。

  • 請求記号 547.48/B 14

  • 入門だけあって、概要が分かるようになっています。
    まえがきにもありますが、AngularJSなどを使ったSPAの開発をしたことがあると本書の内容をスムーズに理解できますが、必須というわけではありません。
    若干内容薄めなのでけっこう早く読めます。でももう少し濃くても良かったのではとも思います。Fluxは重要な概念のはずなのに、え、これだけ?という分量の説明でした。入門だからいいのか。
    サンプルコードがオライリーのページからダウンロードできるので、見てみようと思います。

  • (まだ第一部基礎だけど)触り始めてふとでてくる疑問をわかりやすい言葉で解決してくれてる。Reactが好きになれそう、そんな感じ。

    ただ、タイトルに反して「作ってみよう」的な内容ではなくて、写経するとアプリが完成するというものではないです。

全7件中 1 - 7件を表示

入門 React ―コンポーネントベースのWebフロントエンド開発を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

入門 React ―コンポーネントベースのWebフロントエンド開発を本棚に「積読」で登録しているひと

入門 React ―コンポーネントベースのWebフロントエンド開発の作品紹介

本邦初のReact解説書! すべての情報が一冊にコンパクトにまとまっている!
Facebookが開発したJavaScriptライブラリ「React」の解説書。本書では、数多くのサンプルを用いてReact.jsのすべての側面を解説します。1章から7章でReactコンポーネントの作成と合成を学び、Reactの基本的な使い方を理解します。8章から13章ではワンランク上のコンポーネント作成について学びます。14章と15章ではReactと共に使用して堅牢なアプリケーションを実装するためのツールについて学びます。最後に16章と17章でReactを使ってアプリケーションを実際に作成します。読者はコンポーネントベースの最新のフロントエンド開発についての体系的な知識と技術を身につけることができます。

入門 React ―コンポーネントベースのWebフロントエンド開発はこんな本です

ツイートする