リーン顧客開発 ―「売れないリスク」を極小化する技術 (THE LEAN SERIES)

  • 97人登録
  • 3.88評価
    • (6)
    • (7)
    • (1)
    • (2)
    • (1)
  • 7レビュー
制作 : 堤 孝志  飯野 将人  エリック・リース  児島 修 
  • オライリージャパン (2015年4月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784873117218

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
ジェームス W....
クリス・アンダー...
ベン・ホロウィッ...
有効な右矢印 無効な右矢印

リーン顧客開発 ―「売れないリスク」を極小化する技術 (THE LEAN SERIES)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • Z4

  • ビジネスローンチ前に業界のキーパーソンや見込み客に「話」を聞くためのテクニックが記載されている。
    それを顧客開発と呼んでいるだけだが、
    実践的な記述なので活用しやすい。

  • 顧客インタビュー手順書

    新しく製品を開発して販売していくにあたって,顧客の声が重要と説き,顧客へ効果的なインタビューをする方法や,インタビュー結果をどのようにまとめ仕事に反映していくかといったことについて書かかれている。

    内容なだけに読んで意味のある人というのは限られる。顧客と近い人や,インタビューを行うという決定権のある人。マネージャーとか経営に近い人でなければ書かれている内容を実行することは難しいと思った。仮に権限の低い人でもそういうことができる組織であるならば,この本に頼らずとも自ずと自分たちでうまくやるんじゃないだろうか。

    一般社員が読んだところで役立てられそうな場面はあまりなかった。

  • 「UX戦略」がいまの自分にとってあまり適切ではなかったので、こちらを勧めを受けて読んでみた。結果、とてもよかった。以下、知見を得た部分。
    ・「なぜ」は5回繰り返して初めて本質を得る(トヨタ式5why)
    ・はい、いいえで答えられる質問はインタビューでは避ける
    、MVP(実用最低限の製品、という意味の方)は様々なやり方がある。クラウドファウンデングもMVPの一種。
    ・i-dioの現状はオーディエンス開発型MVP。
    ・社内インタビューにもこの手法は活かせる。
    ・インタビュー結果は意思決定のなされる場で共有しないと意味がない。
    ・インタビューで「具体的な機能」の希望を聞いてはならない。「何がしたいのか」を問う。あわせて、仕様や技術的制約についても語るべきではない。これを避けるために「魔法の杖があったらどうしたいですか?」的な問いが有効。

  • 「無駄な投資をせず、着実に売り物になるものを世に出していく」の実践手順やポイント、チップス、インタビューの雛形など、とにかく直ぐにでも始められるようにと書かれている本。
    リーン顧客開発というと、よく「スタートアップ限定!」みたいな表現を見かけるが、本書では「広範に取り入れられる」と具体例やカスタマイズ法にまで触れている。

    洋書に多く見られるごてごて長ったらしい説明や冗長な表現も少なくて読み易い。 難解な用語や表現も殆ど無い。
    早速、自社内で動いている、ある案件に取り入れることを進言して、具体的に動き出すことが出来た。

  • アントレプレナーの教科書に出てくる顧客開発部分にフォーカスした説明。文量も適度で読みやすい。

全7件中 1 - 7件を表示

リーン顧客開発 ―「売れないリスク」を極小化する技術 (THE LEAN SERIES)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

リーン顧客開発 ―「売れないリスク」を極小化する技術 (THE LEAN SERIES)の作品紹介

リーン手法において核となる顧客開発について解説!
顧客開発とは『アントレプレナーの教科書』や『スタートアップ・マニュアル』の著作で知られるスティーブ・ブランクが提唱した考え方です。本書は、リーンスタートアップの中の顧客開発モデルにおいて、顧客ニーズやビジネスモデルを仮説検証する際に行う「顧客へのインタビュー」をはじめ、様々なテクニックと感が手について具体的に解説します。

リーン顧客開発 ―「売れないリスク」を極小化する技術 (THE LEAN SERIES)はこんな本です

ツイートする