Go言語によるWebアプリケーション開発

  • 76人登録
  • 3.25評価
    • (2)
    • (1)
    • (3)
    • (1)
    • (1)
  • 4レビュー
著者 : Mat Ryer
制作 : 鵜飼 文敏  牧野 聡 
  • オライリージャパン (2016年1月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784873117522

Go言語によるWebアプリケーション開発の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 個人的には読んでてかなり面白かった。
    ただ最初にGo言語の知識が無いと詰まる箇所が多いため、A Tour of goかGoの入門書を一冊片付けるのがおすすめです。

  • 背中に青色シールを貼った図書のコーナーに並んでいます。

  • これはGo言語の入門書でも、"net"や"net/http"パッケージを使用して低レベル(レイヤの方が正しい?)でのプログラミング解説書でもない。
    Github上に作成されてある、いくつかのパッケージの使用方法を解説した書籍。
    Go言語自体解説として公式サイトにある"A Tour of Go"が一番いいし、Github上のパッケージの類ならリポジトリ内にあるREADMEを読むのと変わらない。

  • 請求記号 547.48/R 94

全4件中 1 - 4件を表示

Mat Ryerの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
Travis S...
有効な右矢印 無効な右矢印

Go言語によるWebアプリケーション開発を本棚に登録しているひと

Go言語によるWebアプリケーション開発を本棚に「読みたい」で登録しているひと

Go言語によるWebアプリケーション開発の作品紹介

Go言語の実践テクニックを身につけたいGoプログラミング経験者は必読!
Goプログラミングについて一歩踏み込んだプロユースの解説書。読者はシンプルなコードを書きながら、実運用アプリケーションの開発で使うスキルとテクニックを学ぶことができます。本書のサンプルプログラムはどれもシンプルですがとても実践的です。拡張性、並行処理、高可用性といったエンタープライズアプリケーションの開発で直面する現実的な問題に対するソリューションが含まれています。本書を読めば、実際の業務に必要な技能――Goによる開発手法および関連技術の使い方――をマスターし、ツールやプログラムの開発スキルを迅速かつ簡単に向上できます。日本語版では、監訳者の鵜飼文敏氏による巻末付録「Goらしいコードの書き方」を収録しました。

Go言語によるWebアプリケーション開発はこんな本です

ツイートする