行列プログラマー ―Pythonプログラムで学ぶ線形代数

  • 48人登録
  • 4.00評価
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : Philip N. Klein
制作 : 松田 晃一  弓林 司  脇本 佑紀  中田 洋  齋藤 大吾 
  • オライリージャパン (2016年10月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (688ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784873117775

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
Bill Lub...
有効な右矢印 無効な右矢印

行列プログラマー ―Pythonプログラムで学ぶ線形代数の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 所在:展示架
    請求記号:411.3/K14
    資料ID:116014226
    選書担当:白石

  • 請求記号 411.3/Kl 4

全2件中 1 - 2件を表示

行列プログラマー ―Pythonプログラムで学ぶ線形代数を本棚に登録しているひと

行列プログラマー ―Pythonプログラムで学ぶ線形代数を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

行列プログラマー ―Pythonプログラムで学ぶ線形代数を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

行列プログラマー ―Pythonプログラムで学ぶ線形代数を本棚に「積読」で登録しているひと

行列プログラマー ―Pythonプログラムで学ぶ線形代数の作品紹介

多種多様なサンプルを通して線形代数の一般的な概念を学ぶ!
線形代数プログラミングの解説書。数学的概念を実装するプログラムで実際に問題を解決しながら、その応用法を探求します。具体的には、図形変換、顔検出、画像圧縮、画像補正、ページランク、機械学習、暗号と秘密共有などの例を使い、ベクトルと行列、それらを動かすアルゴリズムについて学びます。対象は、プログラマーおよび具体計算を通じて線形代数を学びたい学生。厳密な証明が目的ではないので数学に詳しくなくてもかまいません。Python 3プログラムを用いることで図やグラフからベクトルと線形変換を視覚的にとらえることができるため読者はイメージをつかみやすいでしょう。章末の問題を解くことで自分がその章で何を学んだのか、また自分の理解度を確認できます。

行列プログラマー ―Pythonプログラムで学ぶ線形代数はこんな本です

ツイートする