Pythonではじめるデータラングリング ―データの入手、準備、分析、プレゼンテーション

  • 38人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : 嶋田 健志  長尾 高弘 
  • オライリージャパン (2017年4月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (516ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784873117942

Pythonではじめるデータラングリング ―データの入手、準備、分析、プレゼンテーションの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 請求記号 007.6/Ka 99

全2件中 1 - 2件を表示

Jacqueline Kazilの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
Bill Lub...
有効な右矢印 無効な右矢印

Pythonではじめるデータラングリング ―データの入手、準備、分析、プレゼンテーションを本棚に登録しているひと

Pythonではじめるデータラングリング ―データの入手、準備、分析、プレゼンテーションを本棚に「読みたい」で登録しているひと

Pythonではじめるデータラングリング ―データの入手、準備、分析、プレゼンテーションを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

Pythonではじめるデータラングリング ―データの入手、準備、分析、プレゼンテーションを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

Pythonではじめるデータラングリング ―データの入手、準備、分析、プレゼンテーションを本棚に「積読」で登録しているひと

Pythonではじめるデータラングリング ―データの入手、準備、分析、プレゼンテーションの作品紹介

Pythonでデータを扱うための実用的な知識とテクニックを網羅!
タイトルのラングリング(wrangling)とは牛を集めるという意味です。牛を集めてうまく操るカウボーイのように、データを自在に操るためのスキルを身につけた「データラングラー」になろうというコンセプトのもと、データ収集、処理、分析、利用に関わるTIPSとサンプルを豊富に掲載。例題を通じて、効果的なデータの取得、クリーニング、分析、プレゼンテーション方法などを身につけることが可能です。自動化やスケジューリング、大規模データセットの処理、魅力的なストーリー付けの方法なども紹介。脱Excelを図りたいExcelユーザが、スキルアップのために読む本としても最適です。

Pythonではじめるデータラングリング ―データの入手、準備、分析、プレゼンテーションはこんな本です

ツイートする