フェアトレードの時代

  • 33人登録
  • 3.18評価
    • (0)
    • (2)
    • (9)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 長尾弥生
  • コープ出版 (2008年4月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (194ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784873322674

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
オックスファムイ...
柄谷行人/辻村英...
デイヴィッド ラ...
有効な右矢印 無効な右矢印

フェアトレードの時代の感想・レビュー・書評

  • フェアトレード本は今はもっと出てるのかな。
    フェアトレードって何だろうと思って手に取りました。

    読んだ後暫くたって振り返ると、残念ながらほとんど記憶に残っていないのですが、
    フェアトレード本の中では読みやすい部類だったと思います。

  • フェアトレードを扱うNPOやお店の紹介があり、情報収集に良かったです!この本で知ったことをきっかけに、3件のフェアトレードショップに行くようになりました。

  • フェアトレードについて。
    実践している団体紹介。
    関わるためには。など。

  • フェアトレードって何?と聞かれても、うまく答えられませんでした。全く分からない、理屈っぽい。と言われそうでしたが、この本は初心者でも納得&分かりやすいです。 インタビューやQ&Aもあり、そして活動団体のレポートも盛りだくさんでした。普通では分からない当事者たちのインタビューはとても興味深かったです。フェアトレードとしてはとても参考になる本だと思います。

全4件中 1 - 4件を表示

フェアトレードの時代の作品紹介

フェアトレードとは、途上国の生産者を対等なパートナーとし、適正な価格で継続的に取り引きをしてフェア(公平)なトレード(貿易)を目指す取り組み。経済的な自立を支援することで貧困問題の解決や、文化や伝統、そして環境を守ることもできる国際貿易として注目されている。

ツイートする