中国魅録―「鬼が来た!」撮影日記

  • 49人登録
  • 4.18評価
    • (11)
    • (4)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 香川照之
  • キネマ旬報社 (2002年4月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (263ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784873762418

中国魅録―「鬼が来た!」撮影日記の感想・レビュー・書評

  • よみごたえあり。奥さんが大好きなんですね。

  • 鬼が来た!は凄い映画だ。
    この本を読むと撮影現場がいかに凄まじいかがわかります。
    香川氏の文章がまた臨場感があって面白いのです。

  • 「鬼が来た!」という映画を撮るための、地獄の撮影現場の日々。中国奥地からの香川照之の魂の叫び。この国の真の姿。日本への心からの郷愁。これらが燃え上がるほどの熱を帯びた、しかし端正で精緻な文体によって綴られ、ちょっと他には類を見ないほどどっぷりとのめりこんでしまう本だと思う。
    同タイトルの映画を観た後に読むべき。映画がまたとにかく素晴らしい。

全5件中 1 - 5件を表示

中国魅録―「鬼が来た!」撮影日記を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

中国魅録―「鬼が来た!」撮影日記の作品紹介

カンヌ映画祭グランプリ受賞作「鬼が来た!」その撮影現場で俳優・香川照之が見た異世界、そしてディープ・チャイナの衝撃。

中国魅録―「鬼が来た!」撮影日記はこんな本です

ツイートする