パッチギ!

  • 23人登録
  • 3.53評価
    • (2)
    • (5)
    • (7)
    • (1)
    • (0)
  • 13レビュー
  • キネマ旬報社 (2005年1月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784873762531

パッチギ!の感想・レビュー・書評

  • この作品は映画パッチギの小説版で映画で語られなかったことなどもたくさん分かるので面白かったです。

  • この本は友達に借りて読みました。
    自分は映画で見てめちゃくちゃハマりまし。それで本も読んで見たのですが、本だけ見ても絶対泣けると思います。
    特にギターを壊してしまう所が感動します。 絶対読まないとそんします。

  • 著者:朝山 実,羽原 大介、井筒 和幸
    この本は、高校生の時に読んだ本です。朝鮮学校と日本の学校との抗争の中朝鮮人の女の子に恋した日本人学生が主人公です。切ない恋や悲しい死を乗り越えて大人になってゆく感動作でした。

  • この本は映画にもなっていて、とても面白いです。
    毎日喧嘩ばかりしていたやつが死んじゃったり、彼女が妊娠しちゃったりといろいろあり、凄く青春って感じでめっちゃ泣けます。
    絶対映画も見たくなります。むしろ見てください。

  • 井筒和幸は1952年12月13日生まれの今年57歳になる映画監督。彼も実は出身はピンク映画ですが、

  • 1968年の京都を舞台に、対立する二つのグループの男女がやがて恋に落ちてゆくが、そこには二人の思いを妨げる深い河が横たわっていた…。映画「パッチギ!」で触れられなかった登場人物たちの素顔や時代背景が、明らかに。

  • 今「パッチギ」第2弾が上映されている。

    映画の雰囲気に浸れるかと読んでみた。

    はちゃめちゃにはじけた映画だったが、バス横転ぼ場面やビー玉飲み込ませたりのけんかシーンは、活字で読んでもやっぱりイタかった。

    公園でのフルートとの合奏場面、葬儀の場面でのやりとりは印象に残った。


    作成日時 2007年06月17日 17:47

  • 母校の事が少し書かれていて驚いた。

  • 映画「パッチギ!」(監督:井筒和幸)は、とにかく面白い映画でした。在日朝鮮人の問題を青年のストレートな視線で捕らえています。笑いあり感動あり。
     小説「パッチギ!」は、映画のノベライズ本です。こちらも面白い。

全13件中 1 - 13件を表示
ツイートする