韓国映画史 開化期から開花期まで

  • 13人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : 根本理恵 
  • キネマ旬報社 (2010年5月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (464ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784873763323

韓国映画史 開化期から開花期までの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 網羅し過ぎ。しかし今までに見ない真面目な記録本である。重量本。

全2件中 1 - 2件を表示

韓国映画史 開化期から開花期までを本棚に「読みたい」で登録しているひと

韓国映画史 開化期から開花期までを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

韓国映画史 開化期から開花期までを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

韓国映画史 開化期から開花期までの作品紹介

日本による植民地時代の弾圧、朝鮮戦争と南北分断、軍事独裁政権による過酷な検閲と、常に国内外の脅威に翻弄されてきた韓国映画史。検閲の撤廃を勝ち取り、国をあげた人材育成の成功による、今日の韓国映画の隆盛の秘密が解き明かされる。また、100余年の韓国映画史は、ひとつの文化の歴史にとどまらず、日本、アジアと密接につながるスリリングな近代史でもある。

韓国映画史 開化期から開花期まではこんな本です

ツイートする