キネマ旬報セレクション 高畑勲 「太陽の王子 ホルスの大冒険」から「かぐや姫の物語」まで (キネマ旬報ムック キネマ旬報セレクション)

  • 25人登録
  • 3.25評価
    • (0)
    • (1)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
  • キネマ旬報社 (2013年11月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784873767864

キネマ旬報セレクション 高畑勲 「太陽の王子 ホルスの大冒険」から「かぐや姫の物語」まで (キネマ旬報ムック キネマ旬報セレクション)の感想・レビュー・書評

  • 今すごくすごく興味のある人、高畑勲監督。
    きっかけはジブリの教科書で鈴木敏夫プロデューサーが書いていた高畑監督と宮崎監督の話。
    二人の関係の面白さと高畑監督の職人的な頑固さに心惹かれた。

    巻頭特集は最新作の『かぐや姫の物語』。
    監督インタビュー、美術監督インタビュー、プロデューサーインタビューを読みながら、これがジブリの教科書に収録されるのかなと思ったりした。
    作家論と作品評も面白かった。
    そうだったのかぁ…。気付かなかった。なんて感想も。

    次は高畑監督の対談、4本。
    その次は、高畑勲監督作品全ての作品評や監督インタビューの再録。
    『パンダコパンダ』、『セロ弾きのゴーシュ』、『柳川掘割物語』を観てみたくなった。
    『火垂るの墓』、『おもひでぽろぽろ』、『平成狸合戦ぽんぽこ』も改めて観たい。
    ただ、もっともっと掘り下げてもらいたかったなぁ…とちょっと残念。
    もっと高畑監督のことが知りたい。

    私が1番好きな映画『ホーホケキョとなりの山田くん』は、高畑監督作品。
    インタビューを読めたのは嬉しかった。
    でも、もっともっと知りたい。
    次はどこから攻めてみようかな…。

全2件中 1 - 2件を表示

キネマ旬報セレクション 高畑勲 「太陽の王子 ホルスの大冒険」から「かぐや姫の物語」まで (キネマ旬報ムック キネマ旬報セレクション)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

キネマ旬報セレクション 高畑勲 「太陽の王子 ホルスの大冒険」から「かぐや姫の物語」まで (キネマ旬報ムック キネマ旬報セレクション)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

キネマ旬報セレクション 高畑勲 「太陽の王子 ホルスの大冒険」から「かぐや姫の物語」まで (キネマ旬報ムック キネマ旬報セレクション)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

キネマ旬報セレクション 高畑勲 「太陽の王子 ホルスの大冒険」から「かぐや姫の物語」まで (キネマ旬報ムック キネマ旬報セレクション)はこんな本です

ツイートする