魂のみなもとへ―詩と哲学のデュオ

  • 17人登録
  • 4.00評価
    • (3)
    • (4)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
  • 近代出版 (2001年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (203ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784874020722

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

魂のみなもとへ―詩と哲学のデュオの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ことば好きです。

  • 面白かった。

  • 哲学って身近にあるのね…
    と、感じた一冊。

  • 谷川が言う。「難解な哲学用語や詩語は必ずしも必要ない」哲学者である父親をもった彼にとっては、一見とっつきにくい哲学というものであっても、人間である父の表現する「日常」でしかなかったのだろう。谷川の詩一編に、ヘーゲルの研究者である長谷川宏が同じテーマで随筆を添えるという形式の一冊。詩集としてでなく詩文集とした楽しく読める。長谷川の柔らかな文章がとても心地よい。

  • 読むことで人生の見方って言うか、人生観が変わると思います。
    読んで号泣してしまいました。私が今まで出会った本の中で、第1位に来る本です。自分が幸福だと気付く事が出来ます。

全5件中 1 - 5件を表示

魂のみなもとへ―詩と哲学のデュオはこんな本です

魂のみなもとへ―詩と哲学のデュオの文庫

ツイートする