ニューメリカルレシピ・イン・シー 日本語版―C言語による数値計算のレシピ

  • 127人登録
  • 3.38評価
    • (4)
    • (8)
    • (24)
    • (0)
    • (1)
  • 12レビュー
制作 : 丹慶 勝市  佐藤 俊郎  奥村 晴彦  小林 誠 
  • 技術評論社 (1993年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (685ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784874085608

ニューメリカルレシピ・イン・シー 日本語版―C言語による数値計算のレシピの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 数値解析が専門の自分から見ると物足りないところがあるのですが,なんにせよ,数値計算するときに手元にあると便利です.サンプルプログラムを組み合わせるだけで,いろいろな計算ができてしまいます.

  • 【資料ID】78360
    【分類】418.1/P92

  • さらさら眺めてみたりした。
    個人的にはアーベル変換が欲しかったけどそれは無し。
    ソースコードが記載されてはいるけど、
    HPで入手とかは無理みたい。
    せこい話だけどフロッピーを5000円で販売とか、
    時代錯誤も甚だしい。
    数学的な説明は分かりやすいが
    コーディングについては批判が多く、
    誤記も多いということで
    あまりオススメとは言えない。
    基礎的なことをを参考文献として本書を利用し、
    実際のコードはネットで実用的なものを
    拾ってくるのが現実的なやり方か。
    必要に応じてチロチロ眺める使い方でOK。

  • FortranのコンパイラがあるCPUなら、敢えてCで書く必要はないと思う。
    Fortaranコンパイラが出ていないCPUで計算したいときに必要になるものだと思う。

    自分が書いたFortranのライブラリをC言語に移植しようとして、断念したことがある。
    書き直しても速くならないし、不具合が残ったままだった。
    FortranからCへの変換ソフトを使ったこともあるが、コードを美しくするのに手間がかかるので止めた。

    必要なライブラリだけ、その都度Cで書くか、本書から参考にさせてもらうのがいいだろう。

    GNUのFortranは実用的には使った事がないので、GNUならFOTRANとCでどうかはよくわかっていません。

  • 2章、11章を読む。

  • 最小二乗法の計算を目的に読んだが特異値分解らへんがはしょられすぎてたのが残念だった.
    他の部分はまた機会があれば読もう.

    Jacobi法,HouseHolder変換とかはいい感じだった.

  • 一応英語で第二版が読めるんだっけ?
    サンプルのコードが元々fortran用だったので
    数値関係は基本的に1からスタートです

    でも授業で学ぶ数値計算以上のことを記述してあるので
    一通り目を通すことでC言語のスキルはかなりアップします.

  • 数値計算の参考書

  • Cで数値計算をやろうと思って行き詰まったらこの本を開けば答えが載ってる。そんな本。困ったときの玉手箱。アルゴリズムの解説もがっつりです。

全12件中 1 - 10件を表示

William H. Pressの作品

ニューメリカルレシピ・イン・シー 日本語版―C言語による数値計算のレシピを本棚に登録しているひと

ニューメリカルレシピ・イン・シー 日本語版―C言語による数値計算のレシピを本棚に「読みたい」で登録しているひと

ニューメリカルレシピ・イン・シー 日本語版―C言語による数値計算のレシピを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ニューメリカルレシピ・イン・シー 日本語版―C言語による数値計算のレシピの作品紹介

C言語の数値計算のアルゴリズム解説書の決定版。

ニューメリカルレシピ・イン・シー 日本語版―C言語による数値計算のレシピはこんな本です

ツイートする