世界の言語と日本語 改訂版―言語類型論から見た日本語

  • 36人登録
  • 4.33評価
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 角田太作
  • くろしお出版 (2009年5月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (337ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784874244487

世界の言語と日本語 改訂版―言語類型論から見た日本語の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 修士の頃に夢中になって読んだうちの1冊。
    個人的には、品詞の実在性というか、品詞を考えることの意義、
    というのを議論している部分が興味深く感じた。

  • 数多くの言語を比較、分類している。専門書であるため、難しいところもあるが、分からないところは、「現代言語学辞典」や言語学の教科書を参考にしながら丁寧に読んでほしい。(2010:黒崎佐仁子先生推薦)

全3件中 1 - 3件を表示

角田太作の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ルース・ベネディ...
伊坂 幸太郎
山田 敏弘
マルクス シドニ...
風間 喜代三
有効な右矢印 無効な右矢印

世界の言語と日本語 改訂版―言語類型論から見た日本語を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

世界の言語と日本語 改訂版―言語類型論から見た日本語を本棚に「積読」で登録しているひと

世界の言語と日本語 改訂版―言語類型論から見た日本語はこんな本です

ツイートする