謎解きの英文法 時の表現

  • 50人登録
  • 3.40評価
    • (1)
    • (1)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
  • くろしお出版 (2013年8月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (212ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784874245934

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヴィクトール・E...
マーク・ピーター...
ジャレド・ダイア...
桜木 紫乃
久野暲・高見健一
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

謎解きの英文法 時の表現の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • おすすめ資料 第216回 (2013.12.20)
     
    一年を振り返る時期ですね。

    個人的なことですが、今年は英語学習の年でした。
    その中で気付いたのは、文法を学ぶ面白さです。

    "I'm lovin' it."という表現はなぜ可能なのか?
    そのニュアンスは何なのか?
    そんなことを考える楽しさを教えてくれた本です。

    同じシリーズのほかの本もおすすめです。

  •  現在形は現在のこと、進行形は「~している」、couldは「
    ~できた」などのように理解していると間違ってしまう時制のあれこれについて解説した本。
     大学レベルの英文法としては基本的なことが多く、マクドナルドのI'm lovin' it.や、The bus is stopping.、丁寧表現で用いられるwould、などが取り上げられている。さらにそこから一歩進んで、例えば「1回の出来事でもcouldが用いられるのはどんんな場合か」、「『バスが止まっている』の英訳として何通り考えられるか」といったことが書かれていて興味深い。時制の一致、の話はやっぱり難しかった。あと、過去形と現在完了形の違いを日本語でも区別する場合がある、というのも知らなかった。やっぱりこのシリーズは面白いと思う。(14/05/11)

  • 請求記号:835/Kun
    資料ID:50072600
    配架場所:図書館1階西 学生選書コーナー

  • 状態動詞loveなども進行形をとる。それは躍動的な感じを与える。
    next Mondayは、発話時を基準に次の月曜日だが、the next Mondayとtheがつくと、発話時ではないある特定の時を規準としていることになる。

  • 言及されたデータは貴重。

全5件中 1 - 5件を表示

謎解きの英文法 時の表現はこんな本です

ツイートする