銀座本―裏銀座の深夜ビストロから表銀座の老舗パーラーまで、 (えるまがMOOK ミーツ・リージョナル別冊 東京篇)

  • 15人登録
  • 3.50評価
    • (1)
    • (3)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : 京阪神エルマガジン社 
  • 京阪神Lマガジン (2010年11月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (112ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784874353394

銀座本―裏銀座の深夜ビストロから表銀座の老舗パーラーまで、 (えるまがMOOK ミーツ・リージョナル別冊 東京篇)の感想・レビュー・書評

  •  銀座、つい足が向いてしまう街。十代の頃は、上野のアメ横、原宿・渋谷、新宿、池袋が好きだった。その後は、青山、代官山が好きになった。中年といわれる歳になったころから、銀座が一番好きになった。格好つけているわけではない。ただ、不良っぽい若者がたむろしていることがなく、落ち着いた感じがするからだ。どこの街も変わった。銀座も変わった。十代二十代の私はファッションに興味があった。その頃、銀座にはシップスやビームスが出店した。ラルフ・ローレンやポール・スチュアート、それにテイジン・メンスショップの路面店もある銀座は、アイビー好きにはよい街だった。その後来たDCブランドブーム。その頃は、新宿や渋谷のマルイでばかり買っていた。それからは興味が食にも出てきて、やがては生活日用品などにも目が向くようになった。するとやがて、それらのものがもっともバランスよく並んでいる街は、銀座ではないかと思えてきた。手が届く届かないかは置いといての話である。一般庶民の使うものから、セレブ御用達の最高級品までが揃っている街、そう思うのである。「モノ好き」な人、グルメな人には最適の街である。今後も街の変化は止まらないだろうが、銀座らしさはなくならないでほしいと願う。

  • 銀座に行くときにはレース屋さんに行ってみたいです。

  • 使える店、多数。

全3件中 1 - 3件を表示

銀座本―裏銀座の深夜ビストロから表銀座の老舗パーラーまで、 (えるまがMOOK ミーツ・リージョナル別冊 東京篇)を本棚に登録しているひと

銀座本―裏銀座の深夜ビストロから表銀座の老舗パーラーまで、 (えるまがMOOK ミーツ・リージョナル別冊 東京篇)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

銀座本―裏銀座の深夜ビストロから表銀座の老舗パーラーまで、 (えるまがMOOK ミーツ・リージョナル別冊 東京篇)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

銀座本―裏銀座の深夜ビストロから表銀座の老舗パーラーまで、 (えるまがMOOK ミーツ・リージョナル別冊 東京篇)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする