お寺本[入門編]目から鱗です。

  • 17人登録
  • 2.50評価
    • (0)
    • (0)
    • (3)
    • (3)
    • (0)
  • 4レビュー
  • 京阪神Lマガジン (2013年9月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (88ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784874354155

お寺本[入門編]目から鱗です。の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 入門編らしく、分かりやすい。案外、そうだったのか、と新しい発見もある。
    2017/8/18

  • 仏教についてとてもわかりやすく書かれています。

  • たまーに、へぇ〜って思うトリビアはあるものの、これで1200円かぁ…という内容の薄さ。
    雑誌の特集でこのくらいの内容のものは読めちゃったりします。
    表現がラフでとっつき易くはあるので、中学生や高校生くらいの年齢層であれば、入門として丁度良いのかも。

  • 僕は決して仏教に詳しいわけではないけれど、入門レベルではない、と思っていた。この本は、この装丁からも想像ができるように、いわゆる寺ガール狙い、なのだろう。中身もモデルさんと僧侶の対談だったりと、ソッチ方面。寺というのがいかに怖くないよ、門戸を開いているよ、ということが語られています。しかし、入門編とはいえ、仏教のある一面、にばかり光があたっているような気もします。浄土真宗に偏り過ぎだし、葬式関連のボリュームが多すぎたりして。
    ところで、修行に関係ない言葉を「冗談」というのは初めて知りました。となると、僕が僧侶と話している言葉は、みな冗談? 

全4件中 1 - 4件を表示

お寺本[入門編]目から鱗です。を本棚に登録しているひと

お寺本[入門編]目から鱗です。を本棚に「読みたい」で登録しているひと

お寺本[入門編]目から鱗です。を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

お寺本[入門編]目から鱗です。を本棚に「積読」で登録しているひと

お寺本[入門編]目から鱗です。の作品紹介

お寺や仏教に興味はあるけど「難しそう」「楽しみ方がいまいち分からない」というお寺初心者のための入門書。仏像好きタレントのはなちゃんがお坊さんと繰り広げる仏教トークを特別収録。

お寺本[入門編]目から鱗です。はこんな本です

ツイートする