大阪建築 みる・あるく・かたる

  • 82人登録
  • 3.62評価
    • (3)
    • (4)
    • (5)
    • (0)
    • (1)
  • 7レビュー
制作 : 死後くん 
  • 京阪神Lマガジン (2014年10月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784874354551

大阪建築 みる・あるく・かたるの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 大阪に行きたいと思い、どんな建築の見どころがあるのか知りたくて手に取った。
    紹介されているのはかなり有名な建築が多く、詳しい人には「知っているよ!」という内容なのかもしれないけれど、土地勘のない自分にはとっかかりとしてわかりやすく、対談形式の気軽な紹介もわかりやすくて面白い。
    類書が多数あるけれど手始めの一冊としてちょうどよかった。

  • もっと写真が欲しかった。

  • 何でもかんでも紹介するカタログでないのがよい。歩きたくなる。

  • 大阪に単身暮らしで1年半。街ガイドのつもりで読んでみた。知っている建物や近くを通った建築もあった。中之島公会堂なら天井画とかもっと紹介するポイントがあるだろうと思う。藤森輝信さんの建築探偵ほどの探求しているわけではなく、街歩き風。
    大阪は平野がなだらかで川幅が広いから護岸が低く、川との親和性が高いというのは納得。

    村野藤吾を筆頭に名建築が沢山紹介されている。それから建物に限らず地下街の吸気搭や橋梁や工場など構築物全般に目を配っていて、中津の高架下なんて変な処も紹介されている。
    難波のデパートや大正区は行ったことがない。この本片手に行ってみようかな。
    最後のあべのハルカスの箇所で中沢新一の「アースダイバー」を思い出した。目線の高さはだいぶ違うけれどね。

  • こういう建築行脚の本は好きな部類です
    それでも関東の本にはあまり手が出ない
    出かけることまでしないのなら
    同じくらいかもしれないのに
    やっぱり大阪本を手にとってしまう

    そばまで行かないとしても
    環状線から見下ろす中ノ島図書館&公会堂に
    親しんでるからというのもあるかも

    心斎橋大丸はヴォーリズなんだ
    アラベスク星型の装飾すごい!
    今度行ってみよう  

    渡し船があるのも知らなかった
    千歳渡船

    梅田はよく行くけど
    阪急の15Ftomarigiは、知らなかったな
    今度出かけてみよう

    万博記念公園の特集(^_^)
    イサムノグチの彫刻噴水((φ(・д・。)
    時代が古いことなんて全然関係ないよね!

    建物を立てた人、使っている人の性格が反映して
    装飾や雰囲気が決まって気質が見えてくる
    街を作っているのは、造る人だけじゃなくて
    住んでいる人たちなんだな

  • 明治の建物から最近の建物まで、大阪のキタ、ミナミ、天王寺、万博まで色々紹介。写真が美しい。前通ったことのある建物もあるが改めて見てみたくなった。

全7件中 1 - 7件を表示

大阪建築 みる・あるく・かたるを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

大阪建築 みる・あるく・かたるを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

大阪建築 みる・あるく・かたるを本棚に「積読」で登録しているひと

大阪建築 みる・あるく・かたるはこんな本です

ツイートする