光の教会―安藤忠雄の現場

  • 289人登録
  • 3.81評価
    • (38)
    • (40)
    • (60)
    • (1)
    • (1)
  • 43レビュー
著者 : 平松剛
  • 建築資料研究社 (2000年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (398ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784874606964

光の教会―安藤忠雄の現場の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 光の教会が出来上がるまでの流れ。
    特に何もないが面白く読めました。

  • 2016年9月3日読了

  • 想像通り
    これって実際働いている人や、これからやろうと思ってる人にはとってもいいよね

  • 有名な建造物を見ても今いちピンと来ない建築素人の私でも面白く読めた。それは安藤忠雄という人の魅力?屋根のない光の入る教会ではダメなのか?色々な人の思いが伝わってくる。

  • 安藤忠雄の現場は大変だ。読んでいるだけで胃が痛くなる。
    まあしかし、普通のことを普通にやっていては世界的な評価など得られるものではないですもんね。
    建築家、施主、施工者という異なる立場の登場人物にそれぞれ共感が持て、著者の作家としての力量が感じられる。特に完成後急逝した工務店の一柳氏についての建築家の思いがよく伝わる。

  • 著名な建築家・安藤、安藤の設計であれば出血受注する土建会社社長・一柳、その従業員那須、そして茨木教会の軽込牧師、役員(また毎日記者でもある)・宮本など登場人物の熱意が一つの美しい教会誕生へ。特に安藤忠雄が苦労の末、若い日にプロボクシング選手を目指し、大卒でない身ながら、建築の道で成功するまでの、前半も面白く、画期的な教会完工までの物語りも、特にクリスチャンとして教会建築の過程に興味がある私にはこたえられない楽しい内容でした。光の十字架をしかも吹きさらしでというアイディアへの安藤の情熱と教会の人たちの気持ちの変化が手に取るように分かりました。

  • 光の教会ができるまでの話。
    大宅壮一ノンフィクション賞を受賞したとのことで、図書館で借りて来ました。著者は、建築家。

  • 安藤忠雄は、今や日本を代表する建築家の一人と言っていい。独学、ボクサー経験者という経歴故か、マスコミもよく採り上げるのでその風貌は多くの人の知るところである。京都の三条木屋町にあるビルはかつて見たことがある。高瀬川の水を建築の一部に入り込ませるという発想が新鮮だった。その外部と内部の通底というコンセプトは、大阪府茨木市に建てた通称「光の教会」でも共通している。教会を建てたいが金はないという施主に「それならいい物ができるかもしれない」という建築家の言葉は驚きを通り越して奇怪でさえある。金がないからこそ贅肉を削ぎ落としたシンプルな物が作れるというのが安藤の考えだ。安藤の頭の中にはシトー派教会の質素な佇まいが生きていた。しかし、建築は一人でできる物ではない。設計・施工と一口でいうが、図面で書いた物を具体化するには多くの人間の意志や情熱、それに労苦を必要とする。いいものをつくりたいという建築家の思いに引っ張られるように、赤字覚悟で動く人々がいなければ、この教会はできなかった。当然できあがった建築物は建築家の作品として扱われるのだが、この本を読んだ後では、単にそうは思えなくなる。丁寧な聞き取りを重ねた上で、複数の関係者の視点から書かれているためか、ドキュメンタリーなのだがよくできた小説を読んでいるような気にさせられる。一つの建築が、どのような過程を経て本当の建築物になるのかを教えてくれる。こんな本が今までなかったのが不思議である。

  • 2000.12.9.初、並、帯付
    2013.1.17.津BF

  • 大阪の辰巳建設
    賢い工務店は自社用と依頼者用の二つの工程表を用意する
    安藤コンクリートのスランプは17と固め 普通は20程度
    型枠に剥離剤を使用しない>色が変わるから
    質素と貧困は違う

全43件中 1 - 10件を表示

平松剛の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
安藤 忠雄
ル・コルビュジェ
東京R不動産
安藤 忠雄
東京大学工学部建...
深澤 直人
デール カーネギ...
東野 圭吾
隈 研吾
有効な右矢印 無効な右矢印

光の教会―安藤忠雄の現場を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

光の教会―安藤忠雄の現場の作品紹介

時はバブルの真っ只中。しかし教会には建設資金がない。不思議なことに、そこに建築家は光明を見いだしていた。だが肝心の設計には未だ光明が訪れない…。ものづくりに賭ける人々が挑んだ苦難と感動を軽妙に描くノンフィクション。

ツイートする