未知の贈りもの―自然と超自然の間

  • 24人登録
  • 4.44評価
    • (6)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
  • 工作舎 (1979年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (301ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784875020882

未知の贈りもの―自然と超自然の間の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • よく言われる「無人島に持っていく本3冊は?」的な括りには必ず入る一冊。5回以上読了した本はほとんどないが、この本にいたっては何度読んだかわからない。安っぽい言い方だが個人的バイブル。好きなときに好きなページを開いてつまみ読みをするのが一番。ファンタジーではあるが、読めば読者はノンフィクションと疑わなくなるほどリアリティーのある神秘主義で、空想の世界に引きずり込まれる。文学的にどうこう、学術的にどうこう言い出すと決して傑作ではないのだが、それがまた人間くさくて良い。不完全な芸術として完成されている、15年以上大切に持っているマイ・ベスト。

  • はっきり言って。。。。この本はすごすぎる。。。そんじょそこらのスピリチュアルは比じゃないスーパーネイチャーな現実が描かれています。読み終えて、いろいろ考えてしまいました。少女がクジラにうたってあげるシーンが印象的です。

全2件中 1 - 2件を表示

ライアル・ワトソンの作品

未知の贈りもの―自然と超自然の間はこんな本です

未知の贈りもの―自然と超自然の間の文庫

ツイートする