世界の複数性についての対話 (プラネタリー・クラシクス)

  • 15人登録
  • 3.67評価
    • (1)
    • (2)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
  • 工作舎 (1992年11月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784875022084

世界の複数性についての対話 (プラネタリー・クラシクス)の感想・レビュー・書評

  • 17・18世紀のフランスを代表する思想家が、異星人が存在するという仮説を推論的に示そうとする著作。その際に、コペルニクス的地動説とデカルト的渦動説を組み合わせて太陽系の構成を説明し、その中で生命体を有する惑星が地球だけとは限らないことを正当化しようとしている(引力や重力の話は出てこない)。天動説など古代以来の世界観・宇宙観が嘲笑され、月や木星の住人からすれば地球に住人がいるとは思えず、そこで地球人の存在を主張する者は教会や国家によって処罰されるだろうと述べることで、暗に当時の科学言説に対する教会や国家の姿勢を批判している。その他にも、当時の社会に対する皮肉や批判が散りばめられている。天文学の啓蒙書としてだけではなく、社会批判の書としても非常に面白い。

  • 対話形式で、他の惑星について分かりやすく語っているはずなのに、僕には分かりづらくて面白くなかったなぁ・・・。難解でも面白く感じる本はあるのに・・・!どっか対話のリズムが悪かったのかも。

  • [ 内容 ]
    ……時は17世紀末、美しき侯爵夫人の館の庭で月や土星、果ては銀河までの諸世界をめぐる洒落た対話がなされた。
    当時の知見と人間中心主義への風刺を含んでサロンの話題を独占した古典。

    [ 目次 ]
    地球は自転し、また太陽の回りを回る惑星であること
    月は人の住む地球であること
    月世界の特徴および他の惑星にも人が住んでいること
    金星、水星、火星、木星、土星の世界の特徴
    恒星はすべて太陽で、それぞれがその世界を照らしていること
    これまでの対話で示された考えの正しさを確認させる新しい考えと天空においてなされた最近の発見

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全3件中 1 - 3件を表示

世界の複数性についての対話 (プラネタリー・クラシクス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

世界の複数性についての対話 (プラネタリー・クラシクス)を本棚に「積読」で登録しているひと

世界の複数性についての対話 (プラネタリー・クラシクス)はこんな本です

ツイートする