ペルシャの鏡 (プラネタリー・クラシクス)

  • 12人登録
  • 3.50評価
    • (1)
    • (1)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : Thomas Pavel  江口 修 
  • 工作舎 (1993年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (163ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784875022121

ペルシャの鏡 (プラネタリー・クラシクス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 帯にあったルーマニアのボルヘス?というのは納得いかないけどこういう小説は子供の頃夢中で読んだ本を思い出す。そしてこれを読んで千夜一夜物語を読もうと決意。さあ、何版に手を付けるかな。

  • [ 内容 ]
    ルーマニア出身の学生ルイは、古い修道院蔵書の中で発見されたライプニッツの知られざる弟子アロイシウス・カスパールの手稿に魅せられる。
    「実体とは鏡自体をも映し出す凹面鏡のようなものではないか」―。
    アロイシウスのライプニッツへの問いが、ルイを「可能的世界」の迷宮に連れ出して行く…。
    ライプニッツの迷宮をめぐる幻想哲学小説。

    [ 目次 ]


    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • ライプニッツ

全3件中 1 - 3件を表示

ペルシャの鏡 (プラネタリー・クラシクス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ペルシャの鏡 (プラネタリー・クラシクス)はこんな本です

ツイートする