夜の国―心の森羅万象をめぐって (プラネタリー・クラシクス第2期)

  • 23人登録
  • 4.22評価
    • (5)
    • (1)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : Loren Eiseley  Robin Gill  千葉 茂樹  上田 理子 
  • 工作舎 (1994年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (349ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784875022350

夜の国―心の森羅万象をめぐって (プラネタリー・クラシクス第2期)の感想・レビュー・書評

  • フリオ・リャマサーレスが「フィクションは記憶から生まれてくるが、すでにその記憶というのはフィクションの別の形態なのである。」と言っていたことを思い出した。

  • [ 内容 ]
    心の森羅万象を深く洞察した本書『夜の国』は、闇に包まれ、不安におののく魂に勇気を与える、アイズリーの代表作ともいえる自伝的エッセイ。
    彼の詩魂の由来を本邦初公開するものでもある。

    [ 目次 ]
    1 黄金の車輪
    2 地の底の世界
    3 昼の目と夜の目
    4 闇の道具
    5 クレスモローグ
    6 犬の足型と埋もれた街
    7 有刺鉄線と茶色の頭蓋骨
    8 骨の人
    9 破られた均衡
    10 沼からの使者
    11 一夜の死
    12 古骨の狩人の死亡記事
    13 心と自然
    14 茶色のすずめ蜂

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全3件中 1 - 3件を表示

夜の国―心の森羅万象をめぐって (プラネタリー・クラシクス第2期)はこんな本です

ツイートする