三つの脳の進化―反射脳・情動脳・理性脳と「人生らしさ」の起源

  • 16人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : Paul D. MacLean  法橋 登 
  • 工作舎 (1994年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (311ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784875022459

三つの脳の進化―反射脳・情動脳・理性脳と「人生らしさ」の起源の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 難しかった・・・。でも1994年の本なのに、後書きに著者が進化遡及法のようなことをイメージで行っていることが書いてあって驚いた。

  • DV関係での、加害者のカテゴリなどにも関係している本。『DVレポートいなばのしろうさぎ』の加害者カテゴリ論の基礎になっているのはこいつ。

全2件中 1 - 2件を表示

三つの脳の進化―反射脳・情動脳・理性脳と「人生らしさ」の起源を本棚に「読みたい」で登録しているひと

三つの脳の進化―反射脳・情動脳・理性脳と「人生らしさ」の起源を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

三つの脳の進化―反射脳・情動脳・理性脳と「人生らしさ」の起源を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

三つの脳の進化―反射脳・情動脳・理性脳と「人生らしさ」の起源を本棚に「積読」で登録しているひと

三つの脳の進化―反射脳・情動脳・理性脳と「人生らしさ」の起源の作品紹介

いったい人間の理性は、もの言わぬ外部世界…宇宙…と内部世界…情動脳・反射脳…の暗黙のメッセージを聴きとるほどに進化したのだろうか。人間の脳は、長い生物進化の歴史を内蔵している。人間が前期哺乳類から受け継いだ「情動脳」内で内部世界が外部世界に出会う場所が確信の座であり、この確信を定型化して表現したいという「理性脳」の衝動は、人間が爬虫類から継承した「反射脳」から生まれてくることを神経生理学的、臨床的研究によって示すことが本書の主な目的である。

ツイートする