表象の芸術工学 (神戸芸術工科大学レクチャーシリーズ)

  • 121人登録
  • 3.76評価
    • (10)
    • (6)
    • (18)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 高山宏
  • 工作舎 (2002年9月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (307ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784875023647

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
J.L. ボルヘ...
J・モーティマー...
中沢 新一
三島 由紀夫
レーモン クノー
スーザン・ソンタ...
ウラジーミル ナ...
高山 宏
有効な右矢印 無効な右矢印

表象の芸術工学 (神戸芸術工科大学レクチャーシリーズ)の感想・レビュー・書評

  • 杉浦康平がわざわざ招聘した高山宏って誰よ……という興味で読み始めたら、あれよあれよと高山ワールドの魔窟に引きずり込まれた。バーバラ・スタッフォードを読まないデザイナーはエセらしい。ほんまかいな。文学もデザインであって、建築的に捉えることができるというのは同意。漱石はすごい、らしい。

    記号学であらゆる分野を横断し、視覚効果から物事考える「ビジュアル・スタディーズ」は、言葉ではとらえどころがないぶんどこまでも広がりを持つ可能性がある。

    ……にしても引用される図版が濃すぎて、全体的に悪魔的に見える本書。が、ちゃんと読むと中身はポップでキッチュな極彩色の秘宝館。Webデザインの影響の濃いフラットデザイン全盛期現在においてはまったく無用の長物かもしれないが、いち人間としてはぐいと心も捕まえられる。美醜だけが、整理されているか否かだけがデザインの本質ではないことがよくわかる。商業デザインを支配するマネーすら交換価値の表象でしかないのだから。

    参考書籍を引きながらもう一回読もう。高山宏、恐るべし。

  • 表象にまつわるさまざまな事柄、難しい事柄が、口語でわかりやすい言葉でまとめてあり、とても分かりやすい。ジェットコースターのようにすさまじい勢いでつながっていく。まさに「??????」と並んでいた物事が、ぽぽぽぽんっと「!!!!!」へと変わっていくような感じ。知るということが、これほど楽しいと感じられる本はない。

  • なんでもいい、「もの」や「こと」をつくりたい人にはオススメ。
    自分にとっては既知の事柄が、深く、平易な語り口で展開される。
    修論でビジュアルが重要だということを再認識させられた本。
    筆者の「綺想の饗宴―アリス狩り」が読みたいが、絶版。

  • (単行本 - 2002/9/10)
    新品: ¥ 2,940 (税込)3 点の全新品/中古商品を見る ¥ 2,940より

  • 高山宏の授業ライブ。とんでもない博識で圧倒されるのは毎度のこと。

全6件中 1 - 6件を表示

表象の芸術工学 (神戸芸術工科大学レクチャーシリーズ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

表象の芸術工学 (神戸芸術工科大学レクチャーシリーズ)はこんな本です

ツイートする