ガイアの素顔―科学・人類・宇宙をめぐる29章

  • 22人登録
  • 3.67評価
    • (1)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : Freeman Dyson  幾島 幸子 
  • 工作舎 (2005年4月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (381ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784875023852

ガイアの素顔―科学・人類・宇宙をめぐる29章の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「知の巨人」といわれるにはそれだけの理由がある。
    フリーマン・ダイソンは現在存命中のそんな人の1人だ。世界的に著名な天文学者であり、物理学者である。SF好きの人なら「ダイソン球」とか「ダイソン環天体」でピンとくるはずだし。「ガイア・シンフォニー」でもおなじみだ。

    彼のすばらしいところは、科学の持つ問題点と将来へ渡る明るい展望を、等しい距離感覚で、私たちのような一般人にわかりやすく語りかけてくれるところだ。

    この本には年代順にいろんなことが書いてある。地球温暖化と行方不明の二酸化炭素、身の丈にあったプロジェクトの大切さ、偉大なる科学者たちとの思い出等々。中でもファインマンについて語っている最後の十数ページは、ファインマニアにはうれしい限り。もう一度「ご冗談でしょう、ファインマンさん」を読みたくなって来た。(「ご冗談でしょう、…」をまとめたラルフ・レイトンの名前も、当然ながら登場する。先日、当のレイトンと会う機会を得たが、彼の口から「ダイソンは息子と折り合いがよくない」というようなことを聞くとは思わなかった。)

    さしあたって、この本を読んで切実に思ったのは、地球温暖化予防の解決策として、エアコン回して暮らすのはかまわないが、その分樹を植えましょう、ということです。(大阪の夏はエアコンなしでは暮らせんから、気休めになります)

全2件中 1 - 2件を表示

ガイアの素顔―科学・人類・宇宙をめぐる29章はこんな本です

ツイートする