ハンセン病 日本と世界 (病い・差別・いきる)

  • 10人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : ハンセン病フォーラム 
  • 工作舎 (2016年2月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (376ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784875024705

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ハンセン病 日本と世界 (病い・差別・いきる)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ハンセン病について4つの章と資料編で構成。1章はテレビ等に出ている有名人。2章は作家。3章は実際に療養所等を訪れたことのある人。4章は世界と関わっている人へのインタビューを取り上げている。

  • 498.6

全2件中 1 - 2件を表示

ハンセン病 日本と世界 (病い・差別・いきる)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ハンセン病 日本と世界 (病い・差別・いきる)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ハンセン病 日本と世界 (病い・差別・いきる)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ハンセン病 日本と世界 (病い・差別・いきる)の作品紹介

「実態をよく解っていない作家による、ハンセン病を題材にした小説などの罪は大きい。」―――加賀乙彦

「ハンセン病をめぐる問題を考えることは、「生命とは何か」「人間とは何か」という問題に還っていく。」―――ドリアン助川

ハンセン病患者の隔離を強いてきた「らい予防法」廃止から、今年で20年。加賀乙彦、松岡正剛、ドリアン助川、杉良太郎、華恵など、多様なフィールドで活躍する面々が、現代に託された負の遺産に光を当て、いのちの諸相を浮き彫りにする。
病者が登場する絵巻や、かつての患者たちの知恵が息づく生活用具の写真など、カラー図版も満載。
人類史とともに歩んできた病いでありながら、語られることの少なかったハンセン病とその諸問題を、多角的に捉えなおす画期的な一書。

「ハンセン病」とは?
らい菌により皮膚や神経が侵される感染症。感染力は極めて弱く、発症した場合にも、投薬療法によって完治可能。しかし、四肢や顔面に著しい変形をきたすこともあるため、病者たちは長らく烈しい差別の対象とされ、療養所への隔離を強いられていた時代があった。かつては「らい病」とも。

ハンセン病 日本と世界 (病い・差別・いきる)はこんな本です

ツイートする