味ことばの世界

  • 13人登録
  • 5.00評価
    • (2)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
  • 海鳴社 (2005年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784875252238

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

味ことばの世界の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 食とことばの繋がりを探求する本。読んでいて楽しいです。
    第二弾と知らずに手にしてしまったので、これから逆走します。
    ひとまず遊び心あふれるもくじを紹介。

    前菜   食前のことば
    一の皿  ことばで味わう
    二の皿  脳で味わう
    三の皿  心で味わう
    四の皿  体で味わう
    五の皿  比喩で味わう
    六の皿  語りで味わう
    七の皿  文学で味わう
    デザート 食後のことば
    主な文献
    シェフ紹介

  • 「心で味わう:味覚表現を支える認知のしくみ」 を執筆しました。
    とくに共感覚表現について,WEB上の出現頻度に基づいて検討しています。

全2件中 1 - 2件を表示

味ことばの世界の作品紹介

本書は、各方面から好評をもって迎えられた『ことばは味を超える——美味しい表現の探究』の第二弾である。
 「より広くより深くより美味しく」をモットーに、食とことばに卓越した多彩な客人を招いて一巻を編んだ。ことばで味わうにとどまらず、脳で味わい、心で味わい、体で味わい、比喩で味わい、語りで味わい、文学で味わう。
 『ことばは味を超える』が高い評価を得たのも、味そのものではなく、「味をことばでどう表現するか」というテーマがユニークであり、それをおしみなく提示したからだろう。本書は、この基本路線を踏まえて、さらに「なぜ味はことばで表現しにくいのか」という反面の真実にも注目する。つまり、味ことばはいかに「美味しい」と言わないかの勝負なのに対して、私たちはしばしば「美味しい」の一語で満足する。これはなぜか。この謎が明かされる。(「まえがき」より)

味ことばの世界はこんな本です

ツイートする