報道が教えてくれないアメリカ弱者革命―なぜあの国にまだ希望があるのか

  • 105人登録
  • 3.84評価
    • (13)
    • (14)
    • (16)
    • (2)
    • (0)
  • 19レビュー
著者 : 堤未果
  • 海鳴社 (2006年4月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784875252306

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
湊 かなえ
ヴィクトール・E...
村上 春樹
ロバート キヨサ...
村上 春樹
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

報道が教えてくれないアメリカ弱者革命―なぜあの国にまだ希望があるのかの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 読了

  • (2006/8/27)

    ようやくアメリカでもブッシュ政権の支持率が慢性的に低下するようになって,「いまさらかよっ」と,多くの日本人は思っている昨今, 皆様いかがお過ごしでしょうか.

    母のの親友が発売モトの海鳴社の関係者でもございまして,そんなこんなで母からわたってまいりました.

     著者,堤未果さんは9.11のときにニューヨークの例のビルに入っていた野村證券で働いてはった,現在ジャーナリスト.

     アメリカのブッシュ政権の危なさは,映画(あー,名前が思い出せない・・・)などで警鐘が鳴らされまくっているので,もう日本人にとっては言わずもがななんですが,本書の魅力は,そういう状況を評論家的に俯瞰的な視点で書くのではなく,実際に著者が単身乗り込み,アメリカの電子投票システムの問題に抗議し,ハンストを行う男性に同行しながら,アメリカの警察の横暴や,福音派のカトリック信者の盲目さなど,つぶさに正面から体験しそれを書いていくという・・・.

     評論ではなく随筆,ノンフィクションである点が胸を打ちました.

     さらにそれ以外にも,軍が貧困層の若者達を勧誘して入隊させるリクルート活動や,イラクからの撤退のデモにも直撃.カナリ,ナマな声が聞こえてきます.

     イラク派兵された青年達の,インタヴューなど,ホントにリアルです.

     「お父さん,もうこんなことはやめなくちゃいけない.
     この国は,星条旗を振りながら,僕みたいな人間をふやしつづけているんだよ.
     ターバンの男達は死んだけど,僕も死んだ.
     イラクでは,きれいな土地も,文化も,家族のきずなも,みんな,みんな僕達が根こそぎ壊した.
     あそこには,父さんの言っていた,心から誇れるものなんて何も無いよ.・・・(以下略)」

    (本文中p.225より抜粋)

     アメリカは民主主義×資本主義が行き着いた格差社会.
     ブッシュ政権の下,軍国主義的な匂いもカナリ強いものとなってるみたい.

     アメリカ国民の自己破産のほとんどが今や,医療費の支払い若しくは離婚費用というのには驚かされました.

     格差社会といえば,後から書くだろう中国の方が一枚上手ですが,日本が向かい得る格差社会のカタチとしてはアメリカの方に近いので考えさせられました.

     自民党総裁選においても,靖国論,改憲論など,争点になっていますが,僕らもがんばってTVキャスターと新聞紙の向こう側を読み解いて,自分自身の宗教観,戦争観,経済と政治の繋がりについての見方,ナドを形成するところから始めないといけないのかもしれません.

     ITの世界はアメリカが先頭を走って,日本も技術・ビジネスでキャッチアップしようみたいな,世界に日ごろ身を浸しておりますが,それとパラレルにこんな泥臭いというかウェットなっつーか,リアル,アクチュアルでシビアな事が起こっているのですね.

     戦争&アメリカの貧困層なんてホントのところリアリティ無いし,IT業界の動向とかの方がどうしても僕にとってはリアルに思えてしまうけど,
    経済の構造的にはITの方が寧ろ虚に近く,労働者の貧困問題などのほうが実に近いわけで,自分自身が何かホントの世の中に対してギャップを
    持っているのかもしれない,と不安になったりしてしまったりしてしまいました.

  • アメリカ行くってことで最近ぽちぽちアメリカ本読んでるんだけど、最近のアメリカはだめだけど弱者や負け犬はまだまだやれるって本ばっかり。
    ジャーナリストがそういうのが好きなのか、それがいまのアメリカの現実なのか。
    わたしが行く先はいなかだから、保守的なのかなぁ?gleeも保守的だもんね
    最近読んでるのはみんな2000年代以降の本なんだけど、過去のアメリカと思っていたものがまだまだあるようでこわい
    わたしはどんなアメリカをみるのだろう

  • 237

  • アメリカは自由と希望の国と言われるが、堤さんの著書を読むと信じられないような現在のアメリカがあぶり出されてくる。

    貧困とそれを抜け出すために必死で努力している若者たちが、どんどん戦場へ送り込まれ、約束されたと信じていた事がほとんど嘘で固められていた事を、生きて返ってきて初めて知り、そして挫折していく。

    一握りの裕福層と大多数の貧困層というアメリカ・・・

    ただ救いなのは、その底辺にいる人たちが下を向いているだけではないという事。インターネットという手段は、そういう人たちを繋ぎそして立ち向かう力を与えている。

    圧倒的に多いのは底辺の人たちだ、その人たちが下を向くだけでなく、上を向き声をあげ始めたら新しい出発がはじまる。世の中あきらめていてはいけないと著書の中の若者たちは頑張っている。

    日本だってこのままではいいはずがない、声をあげないと。

  • あのぅ、別に堤未果さんを推しているわけではないのです。
    単に現在の資本主義と言われているこの世の中に、疑問があるだけなのです。

    なぁんて、ちょっとでも思ってる人、是非一度読んでみてください。

    最近「のしてきた中国」に対して「資本主義と民主主義はセットだ!」などと、先進国と言われる国たちは言っていますが、なんか違うような気がします。
    お互い同じ目的、つまり、究極の搾取国家、いや、究極の搾取世界を作りたいだけなんだろうなぁ、と思います。
    だって、解りやすい例では、民主党がそのまんまでしょう?

    ぼくは間違っても「自分だけ」という人間にはなりたくないです。はい。

    http://uchidashin1.blog117.fc2.com/blog-entry-10.html

  • 2010
    home

  • 2010
    home

  • こちらは、戦争+大学学費問題。

    ト、2010.4.27-28

  • アメリカという国の実態を少し垣間見ることができた。

    もはや、何が真実で何が真実でないのか、わからない。

    報道は信用ができない。

    自分の目で確かめたものだけが信用に値する、
    そんな社会だと感じる。悲しいことだけど。

全19件中 1 - 10件を表示

報道が教えてくれないアメリカ弱者革命―なぜあの国にまだ希望があるのかを本棚に「読みたい」で登録しているひと

報道が教えてくれないアメリカ弱者革命―なぜあの国にまだ希望があるのかを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

報道が教えてくれないアメリカ弱者革命―なぜあの国にまだ希望があるのかを本棚に「積読」で登録しているひと

報道が教えてくれないアメリカ弱者革命―なぜあの国にまだ希望があるのかの作品紹介

★2000年、2004年と大統領選挙にみる不正、大学の費用を餌に高校生をリクルートする軍隊、北アフリカと中東を合わせたより多い飢餓人口などなど、まさに弱肉強食を絵に描いたようなアメリカ社会。
★その闇の姿を明らかにするとともに、そういった邪悪なイメージとはおよそ正反対の、もうひとつのアメリカの姿を活き活きとした筆致で描き出す。★9・11を体験した著者だからこそ伝えられる希望のメッセージ。読み終わった後「まだ世界は大丈夫だ」と思える本である。

報道が教えてくれないアメリカ弱者革命―なぜあの国にまだ希望があるのかはこんな本です

ツイートする