心はいつ脳に宿ったのか: 神経生理学の源流を訪ねて

  • 11人登録
  • 2レビュー
  • 海鳴社 (2017年7月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (346ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784875253341

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

心はいつ脳に宿ったのか: 神経生理学の源流を訪ねての感想・レビュー・書評

  • 著者は神経生理学の研究者。
    この本、「意識」の問題を神経生理学研究の歴史に沿って解説していく本だと思って手に取ってみたが、なかなかどうして一筋縄ではいかない本である。
    神経生理学の歴史を追うには追っており、実際、生物電気の発見からニューロン・シナプスの話あたりはさすがに研究者という詳細な記述なのだが、本書のスタンスは実験科学としての神経生理学のみには留まらない。
    一方では、「意識」に関わる哲学の歴史も追い、最後は量子力学へとなだれ込む。
    正直なところ、私の力量ではどこまで追えているのかあまり自信がないのだが、現在、「意識」の話を突き詰めた1つの形がこれなのだろうと思う。詰まるところ、「意識」を語るということは、科学の枠だけには収まらず、哲学的な問題の考察も避けては通れないということなのだろう。
    複数分野を俯瞰しながら飛翔するような、目眩く読書体験である。

    個人的には、「意識」や「心」は、心臓に宿ると思われてきた時代が長かったのかと何となく思っていたのだが、エジプトでも運動制御に関わる機能が脳にあることは観察されており、また古代ローマの医師・哲学者ガレノスは「心」が脳に宿ることをほぼ突き止めていた。
    但し、アリストテレスの自然観に代表される「心」が心臓に宿るという見方が主流であり、これが崩されていくのは17世紀の科学革命以降のことになる。
    血液循環説を唱えたハーヴィ、『方法序説』のデカルトを経て、時代は近代科学の誕生へと向かう。
    ガルバーニの生物電気の発見は、ボルタとの論争を生み、副次的に電池の開発へとつながる。『実験医学序説』のベルナールにより、実験神経生理学の基礎が築かれ、後、ニューロンやシナプスの研究が展開されていくわけだが、しかし、ここに1つ大きな問題がある。
    自由意志は存在できるのか、ということである。
    近代科学は「因果律」を基本に置く。もしもある系のすべての原子の位置と運動がわかるならば、未来は予測できるはずである。生物を含む有機体において、同一の原因からは同一の結果が生まれるはずである。
    ならば、どちらの道を行こうか、どの料理を選ぼうか、等等、我々が日々行っている小さな選択は、本当に「自由意志」なのか? 宇宙が誕生したときから、それは「決まっていた」のではないか?
    そこにもしかしたら関わっているのかもしれないのが、量子力学の「ゆらぎ」である。
    著者は最終章で、量子力学の対象となりうる脳内の微小な事象をいくつか挙げている。
    なるほど、これら個々の事象についての解明は、そう遠くない将来に可能であるかもしれない。
    しかし、全体として、「意識」を理解しようというのは相当な「ハード・プロブレム」であり、軽い気持ちで読み始めたら、とんでもなく難しい問題が立ちはだかっていたことに何だか茫然としてしまったのだった。

全2件中 1 - 2件を表示

心はいつ脳に宿ったのか: 神経生理学の源流を訪ねてを本棚に「読みたい」で登録しているひと

心はいつ脳に宿ったのか: 神経生理学の源流を訪ねてを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

心はいつ脳に宿ったのか: 神経生理学の源流を訪ねての作品紹介

■絵画の歴史と科学の歴史には、相関関係があると言われている。ルネサンス期やオランダ絵画の隆盛とほぼ時期を同じくして、脳・神経科学にも大きな転換点が訪れたのではないか。ルネサンスと対応する転換期は、アラビアからギリシャ・ローマ時代の成果の逆輸入に始まる西ヨーロッパの文化的発展期である。またフェルメール、レンブラントやロイスダール等を輩出したオランダ絵画の隆盛期は、17世紀の科学革命の時期に対応している。
■そこで17世紀の科学革命と脳・神経科学の関連を考えるうちに、デカルトの存在が浮かび上がってきた。このデカルトがヒントになって意識やクオリアの問題と自然科学との関係に注目。
■本書では、以上のような視点で脳・神経科学の源流をたどり、同時に神経科学の側からこの問題の哲学的側面も考えてみた。
■神経科学の研究に携わる学生や若い研究者にとって、①脳の科学史の入門書、②自然科学(神経科学も含まれる)の基本原理である物理学との関連も考えるきっかけ、③さらに心身問題の哲学的側面の入門書、となりうるのではないか。④フランス人の哲学者や科学者について必然的に言及することになった結果、フランス科学思想史の側面の紹介にもなっている。(本書「はじめに」より)

心はいつ脳に宿ったのか: 神経生理学の源流を訪ねてはこんな本です

ツイートする