続・入門社会開発―PLA:住民主体の学習と行動による開発 (IDJ library)

  • 16人登録
  • 3.20評価
    • (0)
    • (2)
    • (8)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : プロジェクトPLA 
  • 国際開発ジャーナル社 (2000年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (321ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784875390602

続・入門社会開発―PLA:住民主体の学習と行動による開発 (IDJ library)の感想・レビュー・書評

  • 本書はPLAの理論と実践を追求した開発学の入門書です。前半はひたすらひたすらケース・スタディ。後半の執筆者には野田さんや勝間先生が登場します。

    PLA: Participatory Learning and Action(主体的参加による学習と行動)、PRA: Participatory Rural Appraisal(主体的参加型農村調査法)、PCM: Project Cycle Management(プロジェクト・サイクル・マネジメント)、PDM: Project Design Matrix(プロジェクト・デザイン・マトリックス)…。いつも思いますが、何だかややこしいですよね〜。

  •  まず二つのケース・スタディが紹介され、それを例に挙げながら、PLA(Participatory Learning and Action)を説明している。<br>
     開発・援助について、「リアリティ」という概念を用いて、従来は外部の知識人が“科学的に正しい”「リアリティ」を与え、貧しい住民の“誤った”「リアリティ」を改善・克服するというパラダイムであったとする。そしてPLAでは、参加するそれぞれの「リアリティ」を理解し、共有することを第一に考え、そこからどうしていくべきかを共に考えていく、という考え方をする。<br>
     そのファシリテートを行うのが、開発・支援を行う者の役割であろう、と。学習論の流れと同じだ。

全2件中 1 - 2件を表示

続・入門社会開発―PLA:住民主体の学習と行動による開発 (IDJ library)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

続・入門社会開発―PLA:住民主体の学習と行動による開発 (IDJ library)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

続・入門社会開発―PLA:住民主体の学習と行動による開発 (IDJ library)の作品紹介

いま、なぜPLAなのか「開発」におけるパラダイムの転換をせまる。

ツイートする