ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ

  • 14人登録
  • 3.83評価
    • (2)
    • (1)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : Tom Stoppard  松岡 和子 
  • 劇書房 (1994年7月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (152ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784875745648

ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 前々から聞いていた評判に違わず、非常に面白かった。とはいえやはり原語で読まないと理解できない魅力、というか、言葉の「あや」が沢山あるんだろうなと思わされた部分が多かったので、余裕があれば英語と並べて再読したいところ。映画版も機会があればぜひ見たい。

  • シェイクスピア『ハムレット』のスピンオフ。『ハムレット』を読んだ、観た方におすすめです。元ネタを知っていると笑えます。『ゴド待ち』を彷彿とさせるちょっと哲学的な感じ。

  • ダメだ。あたしには分からない。難しいんですよね、これって?切ないある種哲学的な話でしょ?コメディなんだけどね…。

  • めくるめく言葉の世界。映画版も秀逸。

全4件中 1 - 4件を表示

トム・ストッパードの作品

ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだを本棚に「読みたい」で登録しているひと

ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだを本棚に「積読」で登録しているひと

ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだはこんな本です

ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだの単行本

ツイートする