中国文化大革命の大宣伝 下

  • 28人登録
  • 3.22評価
    • (1)
    • (1)
    • (6)
    • (1)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 草森紳一
  • 芸術新聞社 (2009年5月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (600ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784875861751

中国文化大革命の大宣伝 下の感想・レビュー・書評

  • 598ページ。辞書のようにぶ厚い本。同じボリュームの上巻がある。
    文章は実に読みやすく分かりやすいのだけど、読むのは大変だった。
    上下巻合わせて1200ページも文革について読んだわけだけど、ますます分からない。
    時系列になっているわけでもなく、毛沢東とその周囲の大混乱について、いろいろな角度から、とくに広告宣伝というか、ビジュアル面について、ちょっとそれは危険なのではないかという分析を加えながら、繰り返し同じ主題が綴られる。嬲れるような読後感ではある。
    時系列も一つの物事の切り取り方であり、たぶんこういう「よく分からなさ」が本当ではないかというようにも思う。

    文革の間、社会がまともに機能していたように思えないのだけど、一応生産もしているし、どうなっているのだろうかと思う。例えば、これだけの大運動をするときの活動費はどうやっていたのだろうか。最終章の第一次天安門事件の花環で、少し金についての記述があるが、やはり分からない。

    おそらくあと何十年か経ったら、文革は神話になるのではないだろうか。
    三国志とか、幕末と同じような。
    おそらくそれは、文章による神話ではなくて、別のメディアによる作品になるかもしれない。ゲームとか。

全1件中 1 - 1件を表示

中国文化大革命の大宣伝 下の作品紹介

すべて宣伝と考えれば、中国の謎に合点がいく-著作権侵害/反日/食品問題…がわかる。

中国文化大革命の大宣伝 下はこんな本です

ツイートする