No.1理論―ビジネスで、スポーツで、受験で、成功してしまう脳をつくる「ブレイントレーニング」

  • 324人登録
  • 3.67評価
    • (32)
    • (35)
    • (63)
    • (4)
    • (2)
  • 37レビュー
著者 : 西田文郎
制作 : 「元気が出る本」出版部 
  • 現代書林 (1997年4月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784876209569

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
スペンサー ジョ...
ジェームズ アレ...
有効な右矢印 無効な右矢印

No.1理論―ビジネスで、スポーツで、受験で、成功してしまう脳をつくる「ブレイントレーニング」の感想・レビュー・書評

  • 何となく トレーダーと して成功したら 金持ちの生活が 待っているのではないか?





    と夢見てる ソコ のおまい!!





    大丈夫 安心しろ 今のままでは成功できないから。


    この本には


    おまいが何で ヘタレ のままなのか?

    これがわかるぞ、俺のサイトは あまり やり方 技術・知識についての事は書かん
    そんなものは いくらでも 他のサイト に書いてある。

    俺が教えたいのは 思考回路・心の在り方 だ。

    テクニカルをいくら教えても それはひとつの手法にしか過ぎない。
    だが思考回路・心の在り方 を理解すれば 生活が一変する。
    この本は成功する為の思考回路を具体的に脳の仕組みから教えてくれている。



    俺様は最高に自己顕示欲の強い傲慢な人間だから


    トレードで勝てるようになりました ありがとうございます。

    と言われるより


    人生が変わりました 
    一生涯 インチキカルト教団内田真理教の信者です
    ありがとうございます。


    と言われたいのだ!! 

    その為に ヘタレのおまいら 心の在り方 を教えたい。

    まぁ、読むだけで ワクワク ウキウキするぜ。

    騙されてないと思って 読みなさい。

  • ■書名

    書名:No.1理論―ビジネスで、スポーツで、受験で、成功してしまう脳をつくる「ブレイントレーニング」
    著者:西田 文郎

    ■概要

    本書には「誰でも簡単にプラス思考になれる方法」が書かれています。
    (amazon.co.jpより引用)

    ■気になった点

    なし

  • 人の脳は、感情、イメージ、思考の三つがプラスになれば必ず成功できる
    脳内革命
    思いもしないのに現実になるはずがない
    合格したい、ではなく、合格するのが当たり前マイナス思考は過去の経験から生まれる
    勝つことを体験させ、その喜びを教えて頭をプラス思考にする

  • 非常についてる人間だ!

  • ブレイントレーニングをやれば何でも出来ますよ、という話ばかりで本題がどこにあるのかわからない。

    プラス思考がいいですよ、といいながら具体的な方法は殆ど書いてなく最後にやっと少し書いてあるだけ。

  • 人間の脳はプラス思考になると、信じられないほどの力を発揮する! イメージトレーニング研究の第一人者が、自分の脳に革命をおこす方法を紹介する。

    プロローグ この本の読者になる4条件
    1 ウキウキワクワク状態になれば誰でも一流になれる
    2 潜在意識を変えると凄いことが起こる
    3 成功の条件=メンタルヴィゴラス状態をつくる
    4 この手法で脳をプラスにコントロールする
    エピローグ これが真のメンタルタフネスだ

  • 人の脳は、感情、イメージ、思考の三つがプラスになれば、必ず成功するしくみになっている。成功者の脳や経験には、成功体験、プラス思考が占めるが、ほとんどの人は知らず知らずのうちにマイナス方向のイメージトレーニングをしている。
    そのため、常にプラスのイメージをインプットするよう意識し、ワクワクの状態をつくりだすことが大切。具体的には、ポジティブな言葉を発したり、聞いたり。そうすることが成功につながる。



  • 具体的な方法が書かれた、必要な部分は168〜205ページだけだった。

    かもの法則のが良い

  • ・大脳辺縁系の扁桃核にてプラス感情を持つことが大事。そのためには成功をリアルに思え、そして繰り返し思え。

  • チェック項目13箇所。この本には「誰でも簡単にプラス思考になれる方法」が書かれています、これで、あなたも今すぐ『天才達と同じ脳』になって下さい。世間ではよく「人生は思い通りにならない」とか「人生はままならない」といいます、しかし、それはまったくのウソです、人生は思い通りになるし、意のままになります、それどころか、人の「思い」が未来をつくりだすのです。私たちが当たり前のものとして利用している自動車や飛行機、冷蔵庫やストーブも、一番最初は「こんなものがあったらいいな」という形で、昔の人の前頭葉に宿った「思い」でした、そういう「思い」を一つひとつ現実化してきたのが人類の歴であり、文明や科学技術の進歩です。トップになりたい、自分ならトップになれると思わない人は、天地がひっくり返ってもトップになれません、幸せな家庭を築こう、私なら築けると思えない人が、円満で幸福な家庭をつくった例はないのです。スポーツ選手の場合は、体力と技術、心理面の三つを鍛えることが成功の条件です、ところがビジネスマンや経営者、受験生は、体力も技術も極端に鍛錬する必要はありません、それだけ簡単に成功できるということです。スポーツの分野ですと、たとえば100メートル走なら全国で千番目に早い選手というのは、インターハイにも国体にも出場できません、しかしビジネスマンで千番目に有能な人間というのはテレビにも頻繁に出演します。東大出身の親を持つ東大生がなぜ多いかというと、親と同じ大学に入るのは「難しくない」「当たり前だ」と考えられるからです。昔から、”初心忘れるべからず”とか”初心に帰れ”と言われます、なぜ初心が大切かというと、ものごとの最初には常にフレッシュなウキウキワクワク状態で、プラス思考があるからです。一流になることは、そんなに難しくありません、脳を活性化し、潜在能力を引き出す初心のウキウキワクワク状態を継続すれば、誰でもその分野の一流になってしまいます。幼い子どもは「ダメだ」とか「できない」とか「自分はこの程度だ」とは少しも考えていません、生きることが楽しくて仕方ないという、ウキウキワクワク状態が子どもの心ですから、自分から積極的にさまざまなことを学び、水が砂にしみ込むように次つぎに吸収していきます。ある有名な登山家は「なぜ山にのぼるのか」と尋ねられ、「そこに山があるからだ」と答えましたが、あれは明らかにウソです、そこに山があっても頂上のイメージがなかったら、人は山に登るでしょうか、右脳が頂上を思い描き、それを征服した自分をイメージできるから人は山に登ります。アイデア一つで会社の未来が大きく変わってくる、そんな世界で成功するにはツキが絶対条件です、努力したから成功するのではなありません、ツキがあったから、その努力が生きたというのが現実です。芸能界でも、たとえば売り出し中のコメディアンと、いつまでたっても芽の出ないコメディアンで、どちらが努力しているかというと、明らかに芽の出ないコメディアンです、受験生も同じで、本当にできる子は「自分はできる」と思っていますから、必死で努力したりしません、必死で努力するのは、親や先生に「勉強しろ」と言われ、嫌々ながら勉強してきた子どもたちです。

  • 今まで言われて来た「世間一般的な努力」が大切なのは
    間違いありません。
    ただ、努力をすれば必ず成功するというのはウソでした。

    努力した上でツキを呼び込む行動・思考をする。
    そういう努力をする。

    ツキがあったから、その努力が生きたとうのが現実。

    扁桃核は他人とつながっている。ある種、電脳。
    (それを信じられない人も疑似体験できるのがネット)
    もっと自分の脳を使うべき。

    頭から意識を通してアプローチするより、肉体という
    無意識に近い領域からのアプローチのほうがインプットは
    強烈です。

  • 読み直しました、何度でも。
    読む度に、自分の思考を高めてくれます。

    多くのアスリートや経営者を成功へと導いた、
    西田先生の会心の一冊です!


    変化のキッカケ、成長の第一歩、万里の道の第一冊的存在。


    読めば読むほど『ふむふむ』です。



    今日はこの辺で…

    暇ならドクショ♪
    ほんなら~\(^o^)/

  • 嘘みたいだが効果は凄い
    たまに読み返したい
    自炊もした

  • 成功は結果をイメージし、
    イメージできれば成功におのずとたどり着くというお話。
    ただ、
    普通の人には人生の成功の結果をイメージするのは、
    不可能に近いということを、
    説明していない。
    簡単なことには使えるが、
    人生の総合的な成功にを手に入れれるかと言えば、
    それは、セミナー等に通わないと難しいのではないかと思う。

  • この本のおかげで受験に成功しました。(実話)
    「既に合格した」と思いながら試験を受けたら第一志望のそこだけ受かってしまいました

    つまり、この本のおかげで人生が変わったといっても過言ではありません。

    世の中ではプラス思考の大切さが多く説かれていますが、
    この本はマジで凄いです。

    脳は、インプットした成功のイメージに従って行動します。

    スポーツでも受験でも一流の人になればなるほど、「自分はできる」という強いプラスイメージが自分の中にある。

    脳は楽しいことが好きです。
    ウキウキワクワク状態になれば誰でも一流になれます。

    一般の人は、今までの経験からついつい「もし、失敗したらどうしよう」とネガティブに考えて、その結果失敗しがちです。


    自分が言っても「信じられない」という人
    この本を読めば変わる


    僕の夢は、僕に関わる人たちをみんなこういうプラス思考にして、成功者にすることだ

  • プラス感情(扁桃核) + プラスイメージ(右脳) = プラス思考(左脳)

    もっとかんたんにすると、
    楽しい + できる → プラス思考

    この3つが揃った状態を、「メンタルヴィゴラス状態(ウキウキワクワク)」というそうです。
    そして、この状態になればいやでも成功してしまう。

    きっと自分が本当に望むことが見つかれば、この状態になるのだろうという予感をいただきました。

    文章も否定することばは少なく、読んだ人がポジティブな方向に向かいやすい書き方になっています。
    一つだけ例を挙げておきます。
    ・マイナス思考は分析的論理的な思考力が優れている証拠。ただし、自分の思うように生きたいと思うときは、右脳のイメージ力を高める必要がある。
    と、このような感じです。

    ポジティブ思考になる事を推奨する本は何冊も読みましたが、私が今まで出会った中で一番ワクワクするポジティブ本でした。

  • プラス思考のバイブル。
    織田淳太郎「メンタル・コーチング」とセットで読むとおもしろい。

  • 西田先生の著書の中で、No.1です。
    読む度に、原点に戻れる感じがとっても心地いいです。

  • 西田先生のセミナーに行く!

  • スポーツの世界で成功することに比べれば、ビジネスの世界で成功することは遥かに簡単。

  • メンタルトレーニングの中に取り入れる。

  • 西田文郎先生の本です。

    こんな方のブレイントレーニングも担当していたのか~という
    具体例がたくさんでした。
    スポーツマンの1000番目は全然相手にされないが、
    ビジネスマンの1000番目ならメディアに出られる・・・というような
    記述にドッキリ。なるほどねぇ。

  • 仕事場の人から借りて読みました。

    前菜が長いように感じましたが、
    スポーツ選手や受験生へのブレイントレーニングをされている、西田文朗さんの、言葉ということで、
    入り込むことができました。

    ボディーランゲージというのがあるのですが、
    身体で成功目標達成する自分を覚えるという手法。

    実際にスポーツ選手で、Vサインをすることによって、優勝をイメージできるようにトレーニングして

    実際優勝までもっていったらしいですよ。

    それを今みならって僕もやっています。

  • 自分がなぜ成功者になれないのか、No.1になれないのかよくわかる。
    結局、なれないと知っているからだろう。むしろ、なりたくないと思ってさえいるのかもしれない。

    そんな自分も否定しないこと。まずはそんなことからはじめてみよう。

  • メンタルや、脳の考え方について興味があったので読んでみた。

    自宅の電話番号を覚えていれば天才であるという著者の理論は、
    ああなるほどなと思わせてくれます。

    スポーツで成功するより、勉強で成功するほうがはるかに簡単であるという意見にも
    同意できたりします。

    ブレイントレーニングは、脳に信号を送り続けないといけないので
    いささか大変そうですが、プラス思考で頑張ろうと思わせてくれる本です。

全37件中 1 - 25件を表示

No.1理論―ビジネスで、スポーツで、受験で、成功してしまう脳をつくる「ブレイントレーニング」を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

No.1理論―ビジネスで、スポーツで、受験で、成功してしまう脳をつくる「ブレイントレーニング」を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

No.1理論―ビジネスで、スポーツで、受験で、成功してしまう脳をつくる「ブレイントレーニング」を本棚に「積読」で登録しているひと

No.1理論―ビジネスで、スポーツで、受験で、成功してしまう脳をつくる「ブレイントレーニング」の作品紹介

本書には「誰でも簡単にプラス思考になれる方法」が書かれています。

No.1理論―ビジネスで、スポーツで、受験で、成功してしまう脳をつくる「ブレイントレーニング」はこんな本です

No.1理論―ビジネスで、スポーツで、受験で、成功してしまう脳をつくる「ブレイントレーニング」のKindle版

ツイートする