「死」を学ぶ子どもたち―知りたがりやのガン患者が語る「生と死」の授業

  • 12人登録
  • 4.50評価
    • (4)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 種村エイ子
  • 教育史料出版会 (1998年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (258ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784876523528

「死」を学ぶ子どもたち―知りたがりやのガン患者が語る「生と死」の授業の感想・レビュー・書評

  • 死を学ぶことで、生きることを考える。
    こんな先生に出逢いたかった。
    自分の本当に叶えたいことを実現するためには、偶然の出会いにたどり着くためには努力しなければならない。
    そしたら、また別の方向から努力している人と偶然に出会える。必ず。そういう風にできている。

    今を楽しむことは案外簡単で、明日もきっといいことは起こる気がする。そう思える本だった。

  • まさに私がやりたいことを、すでにやっている人がいた

    ブック・トークによるデス・エデュケーションの方法と
    推奨本

  • 種村さんのブックトークと自らの経験談を語る方法による命の教育の実践。尊敬する金森学級での実践も載っています。ブックトークや読み聞かせで本に興味を持ち、それを学級文庫や学校図書館で繰り返し手に取っていく・・・そんな学習環境にしたいです。授業で感じたことも深まっていくでしょう。
    本の中で絵本を中心にたくさんの良い本が紹介されています。絵本巡りに出発です。

全3件中 1 - 3件を表示

「死」を学ぶ子どもたち―知りたがりやのガン患者が語る「生と死」の授業を本棚に登録しているひと

「死」を学ぶ子どもたち―知りたがりやのガン患者が語る「生と死」の授業を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ツイートする