新しいうつ病論―絶望の中に見える希望

  • 19人登録
  • 3.67評価
    • (1)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 高岡健
  • 雲母書房 (2003年10月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (243ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784876721498

新しいうつ病論―絶望の中に見える希望の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 知ることで気持ちが楽になる。

  • 1980年代には、新自由主義の登場、新しいうつ病概念の研究、新しい抗うつ剤市場の開拓がおこなわれた。
    小刻みな休養と常に取り込んでいくことが役立つ。
    小さな引きこもりを人生の中に取り入れる。
    新しい生き方は、それまでと異なれば、どのようなものでも構いません。
    限定的であっても抗うつ剤や休養が役立つことは多い。

全2件中 1 - 2件を表示

新しいうつ病論―絶望の中に見える希望を本棚に登録しているひと

新しいうつ病論―絶望の中に見える希望を本棚に「読みたい」で登録しているひと

新しいうつ病論―絶望の中に見える希望を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

新しいうつ病論―絶望の中に見える希望を本棚に「積読」で登録しているひと

新しいうつ病論―絶望の中に見える希望の作品紹介

日本のうつ病をめぐる状況はいま、新自由主義の登場、軽症・慢性を特徴とする"新しいうつ病"概念の輸入、新たな抗うつ剤市場の開拓という波にさらされている。うつ病の歴史と現在を丹念に検証しつつ、気鋭の精神科医が打ち立てた孤高のうつ病論。

新しいうつ病論―絶望の中に見える希望はこんな本です

ツイートする