企業再生成功の条件―社長が変われば必ず道は開ける

  • 13人登録
  • 2.60評価
    • (0)
    • (0)
    • (3)
    • (2)
    • (0)
  • 1レビュー
  • 幸福の科学出版 (2008年7月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784876886050

企業再生成功の条件―社長が変われば必ず道は開けるの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 本日ご紹介する本は、

    企業を再生する知識と実践ノウハウをまとめた1 冊。

    ポイントは
    「自己変革」

    うまくいってない状態を変えるには
    まず、自分自身の今までの考え方を
    変える必要があります。

    考え方が変わらないと
    行動もかわりません。

    行動を変えずに同じ行動を繰り返しても
    同じ結果しか得られません。


    「新分野」

    すべての事業は時間の経過と共に古くなり、
    収益力が低下してきます。
    それは、顧客の需要が減り、
    価格が下がってくることです。

    常に、新しい事業機会を見つけ、会社の資源を
    常に新しい分野に移していかなければなりません。

    同じ商品、同じやり方ばかりやっていてはダメですね。。。


    「業務改善」

    業務改善とは、現状の事業の中で、
    ”売上高を増やす”か ”原価や経費の下げる”
    ことを通じて、収益向上をはかる活動です。

    今うまくいってないということは、
    手を付けるべき業務改善は山のようにあるはずです。

    業務改善というと、地味で
    ”やってもすぐに効果がでるものではない”
    というイメージを持つ人も多いと思います。

    ひとつの業務改善に成果を期待するのではなく、
    継続して、積み上げることで、
    いずれ、すぐにはマネができないような
    強みにつながります。

    ぜひ、読んでみてください。



    ◆本から得た気づき◆
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    経営困難=要するに同じことを繰り返しているだけで、失敗の反省と是正をやっていない
    再生では、経営者の姿勢や考え方の中に問題を発見し、その問題を是正できるかどうかが決め手になる
    新しい事業機会を見つけ、社内の経営資源を収益の高い事業機会に配分し、会社をつくりかえること
    経営資源は常に新しい分野に移さねばならない
    成果が出ていないのであれば、お客に役立っていないのだ
    成果を出すためには、再生計画の実行を管理する仕組みを確立しなければならない
    優秀な企業は、大抵の場合、PDCAサイクルを的確に素早く回す能力をもっている
    再生が必要な企業は、収益性の低い事業を抱え、手を付けるべき業務改善は山のようにある
    再生計画では、5年後のあるべき姿を目標にして努力する
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ◆目次◆
    第一章 企業再生原論~なぜ、あなたの会社は傾いたのか
    第二章 再生を成功させるための四条件
    第三章 再生手法と再生ノウハウ~知っておきたい実務の知識
    第四章 優良企業への道~経営者の成長こそ真の再生である
    付録 経営者が読んでおくべき本
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ◆マインドマップ◆
    http://image01.wiki.livedoor.jp/f/2/fujiit0202/a192cd6d9da7feb4.png
     

全1件中 1 - 1件を表示

企業再生成功の条件―社長が変われば必ず道は開けるを本棚に登録しているひと

企業再生成功の条件―社長が変われば必ず道は開けるを本棚に「読みたい」で登録しているひと

ツイートする