青い石の伝説―魔法少女マリリン (スピカの創作文学)

  • 86人登録
  • 4.26評価
    • (17)
    • (9)
    • (8)
    • (0)
    • (0)
  • 11レビュー
著者 : 村山早紀
制作 : 佐竹 美保 
  • 教育画劇 (1995年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (210ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784876920976

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
上橋 菜穂子
上橋 菜穂子
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印

青い石の伝説―魔法少女マリリン (スピカの創作文学)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • マリリンが可愛いなー。
    この後、マリリンが魔法をコントロールできるようになっていくであろうことがとても楽しみ。
    旅の仲間が、RPGのパーティみたいでワクワクする。
    実は、なまじっかミステリ読みなだけに、ヨーティが悪者だったらどうしようなんていらん心配をしてしまった(笑)
    マリリン母も登場してくるかな。マリリンの父って、とか想像するのも楽しい。

  • このシリーズ大好き。今手に取るのは少し恥ずかしい年齢になってしまったけど、続きをずっと待ってます。新刊プリーズ!

  • 女の子が主人公の本だけど男の子が読んでいたのを見て面白いのかなと思い読むことに(^-^)
    物語入門書と言えるような物語でした。
    内容は難しくなく、でも、冒険、魔法と言ったわくわくするものがつまっていて読みごたえあり。
    素敵な力のある言葉もたくさん散りばめられています(*_*)
    男の子でも充分楽しめると納得しました☆

  • 今まで読んできた中で一番大切にしている本です。描写が色鮮やかで、特にその世界を包む青色に溶け込んでしまうよう。まだ最終巻が出ていなく、いつ出るのかと待ち遠しい限りです。

  • ちいさいとき一番好きだったファンタジー小説。
    これとハリーポッターが一番好きだった。
    色々と思い入れのある本です。
    何回も何回も読み返しました。

    この本、5巻で完結予定だったらしいのですが、
    最後の1冊が刊行されず、4巻で止まっています。
    いつか完結しないかな、
    最後を読んでみたい...。

  • みんなでソードワールドというゲームしていた頃が懐かしい。

  • ※ネタバレ含んでます!!08/01/07                        



    私の原点とも言える作品。魔法、冒険、ファンタジーどれを取ってもこれ以上の物語はないと思うほど、入れ込んでます。実はマリリンに秘めた力があるとかお約束な展開ですが、むしろそれを期待している自分がいる。小学生低学年の時にこれを読んでからマリリンの大ファンになりました。自分で小説を書き始めたのも、この本の影響。弱いマリリンだけど、周りの助けとともにどんどん成長していく。私もいつか、マリリンのような冒険をしたいなーごにょごにょとか言ってみるw←誰にも負けない強いマリリンが大好き。

  • 自分におけるファンタジーの原点。

  • 私と村山さん、マリリンの出会いはこれから。
    何度も何度も読んだけど飽きない。
    世界がしっかりしていて、ほんとにアルシャンがどこかにある気がしてくる。
    っていうか、信じてる。

全11件中 1 - 10件を表示

青い石の伝説―魔法少女マリリン (スピカの創作文学)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

青い石の伝説―魔法少女マリリン (スピカの創作文学)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

青い石の伝説―魔法少女マリリン (スピカの創作文学)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする