バッテリー (教育画劇の創作文学)

  • 1333人登録
  • 3.83評価
    • (333)
    • (175)
    • (490)
    • (5)
    • (1)
  • 256レビュー
制作 : 佐藤 真紀子 
  • 教育画劇 (1996年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (243ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784876925810

バッテリー (教育画劇の創作文学)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 天才ピッチャー原田巧とキャッチャー長倉豪の成長の物語。
    中学生というゆれる年代を野球を通してキレイにうつしているカンジです。
    「キレイにうつす」というのは「そのまま」ってことです。
    いわゆる野球のおはなしではないので、試合の結果とかは関係ないんですが、
    やはり最後の試合の結果はこれからのみんなの未来をそれなりに象徴しているように思えるので
    きちんと書いてほしかったな。
    そこが消化不良。

  • この本を最初に読んだのは中学生の頃だった。当時から小説を書いていた私は、巧のまっすぐで孤高な姿に親近感を抱いていた。それから時を経て昨年アニメ版が放映され、物足りなさを感じたので、一年越しに再びこの作品を手に取った。やはり巧に自分を重ねる部分が多くて、中学時代から変わっていないなあと実感する。それでも洋三の「野球は楽しむもんじゃ。それだけじゃ。楽しまんと野球やっとってなんになる。つぶれるだけじゃ」という台詞にハッとした。野球ではないけれど、日々創作に向き合ううちに見失っていたものを教えてもらった気がした。

  • 豪すげー

    TVでアニメを見たけど、
    アニメにはなかったことが書いてあって、
    本の良さがわかった

  • 映画をテレビでやっていたのを観て、おもしろかったので、読んでみる。
    当時はなんか売れすぎてて、そのうち読もうと思っていたが、結局読んでなかった。

    主人公である巧が、主人公なのに、意外と感情移入しにくい。
    なにこの子?的感情が少し入ってしまう。
    なまじ弟やらキャッチャーやらの人間性が深いもんで
    余計に大丈夫か?感あり。
    ただ、それも親が弟にかかりきりになって、
    誰も自分のことをみてくれない、という環境の中、
    ひたすらに自分の才能とだけ向き合ってきた、という
    よく考えるとなかなか子どもにとっては
    痛々しい状況によるものであるようで、
    これから、他人と関わっていく中で、きっと成長していくんだろうなあっという予感はあるので、そこに期待。
    なんてったって、まだ小学卒業したばっかだしねえ。
    それを思えば、なんか皆大人すぎ?
    私がその頃ってもっとなーんも考えてなかったような気が・・・・。

  • アニメ化記念で再読。
    リアルタイムで読んだわけではないのだけど、それが逆に良かったんかもな。オトナが読んでモジモジする話じゃ。
    青波かわいいわー。どうしても「あおなみ」と呼んでしまう。ブルーウェーブとか薮とかポケベルとか、時代を感じる。イチローがまだ現役という凄さよ…!

  • 巧の肩肘を張ったような、まわりを冷めた目でみてるような態度は、いろいろ揺れ動くし巧なりにその年齢では最大限の行為なのだろうな、と思う。けど、身近にいたら少し距離をあけたくなるかもしれないと思った。

  • 久しぶりに再読。

    思春期まっさかりの12歳の少年たちと野球。すばらしい。

  • 2016年06月05日読了。

  • 2016年7月からアニメ化…。
    すでにコミック・映画・ドラマになっていて、YAのメディアミックスの先駆けみたいなものだったかなぁ。
    そして原作のこちらはもう20年前になるのか(@@)
    初めて読んだ時のドキドキとか、この本の話で盛り上がった子たちとか思い出すなぁ。(i44)

  • 中学への進学を控えた3月。
    両親の仕事の都合で、両親の出身地、中国地方の地方都市、新田へと越してきた巧。
    凄腕ピッチャーで、評判にたがわない高い投球力を持っているだけに、自尊心も高く、さらに思春期特有のツンツンした感じが、イライラさせてくれる(笑)
    巧もすごいんだろうけど、わたしとしては弟の青波(せいは)のほうが気になって仕方ない。

    ここで出会った豪という少年と、巧はどんなバッテリーを築き上げていくんだろうか。

    児童文学らしく、読みやすく、さくっと1巻を読み終わってしまいました。

全256件中 1 - 10件を表示

あさのあつこの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
奥田 英朗
ZOO
乙一
荻原 規子
有効な右矢印 無効な右矢印

バッテリー (教育画劇の創作文学)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

バッテリー (教育画劇の創作文学)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

バッテリー (教育画劇の創作文学)を本棚に「積読」で登録しているひと

バッテリー (教育画劇の創作文学)の作品紹介

「あいつ、才能ありますよ。永倉となら、バッテリー組めるから」たぶん、最高のバッテリーになる。なんの前ぶれもなく、そんな思いが胸をゆさぶった。身体の中で、なにかがはじけたほど強く、思った。

バッテリー (教育画劇の創作文学)のKindle版

バッテリー (教育画劇の創作文学)の単行本

ツイートする