ハリー・ポッターの料理・お菓子Cooking Book 普及版

  • 24人登録
  • 3.27評価
    • (1)
    • (1)
    • (9)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
  • アートブック本の森 (2002年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (123ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784876939169

ハリー・ポッターの料理・お菓子Cooking Book 普及版の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ハリー・ポッターシリーズで本の中でも映画の中でも美味しそうに描かれる。
    その料理がどのように作ってるのか気になって、この本を読んでみました。
    日本には馴染みのない食材が使われていて、見てるだけで楽しかった。
    イギリス料理は美味しくないと言われてるみたいだけど、レシピを見る限りそこまで不味いとも思えなかった。

  • USJの中にある「三本の箒」で食べたシェファーズパイ
    が美味しかったので読みました。

    イギリスの児童文学では、どんなファンタジックな
    おはなしでもお料理は伝統的なイギリスの家庭料理が
    登場し、読者である子供達に、その世界への親和性や
    リアリティを提供しています。

    ですから一つ一つは普通の料理書にも出てくる
    レシピですが…。

    イギリス料理はおいしくないものもあると聞きますが
    ここに出てくるイギリス料理は作品中でもハリーたちが
    おいしく味わったもの。

    その気になって作ってみることが成功のコツかな。

    アマゾンのレビューでは難しいとか
    材料が手に入りにくいとか書かれてましたが
    そんなに難しいレシピではありません。
    お菓子やお料理作りが好きで、幾度かキッチンに
    立ったことのある方ならば、挑戦できます。

    材料もほとんど普通の値段で買えるものです。

    作りたいレシピをコピーして台所の目につく所に
    貼って、手際よく楽しく行きましょう。

    原作のどこにそのお料理が出てるか紹介して
    ありますから、作り終わったら読みなおすのを
    お忘れなく。

    魔法でしか作れないレシピをご希望の皆さんは
    この本にがっかりされるかもしれませんが
    これはあくまでマグル向きの本。

    ホグワーツに入れなかった私たちに
    作れない料理を紹介しても仕方ないですから
    二兎は追わないで下さいね。

    でもね、血の味のキャンディや
    カエルのチョコのレシピは
    これにしか出てないんじゃないかしら。

    がっかりしすぎないで読んだほうが
    楽しいですよ。語り口も優しい本ですし。

  • ハリーポッターの魔法の世界感がなく、ただのイギリス料理の紹介みたいだなと感じました。
    2014.12

全3件中 1 - 3件を表示

ハリー・ポッターの料理・お菓子Cooking Book 普及版はこんな本です

ツイートする