ローマ皇帝群像〈1〉 (西洋古典叢書)

  • 10人登録
  • 4.67評価
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : 南川 高志 
  • 京都大学学術出版会 (2004年1月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (258ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784876981465

ローマ皇帝群像〈1〉 (西洋古典叢書)の感想・レビュー・書評

  • 『ハドリアヌスの生涯』

    『アエリウスの生涯』

    『アントニウス・ピウスの生涯』

    『哲学者マルクス・アントニヌスの生涯』

    『ウェルスの生涯』

    『アウィディウス・カッシウスの生涯』

  • 本文より注釈(というかツッコミ)の方が多くない?というくらい注釈が充実。
    内容ははっちゃけた軽い読み物的な感じですが、注釈が充実しているので、ちゃんと参考にもなります。読み物としても面白いです。
    ただし、正確な史料、格調高い文章などを求める方にはおすすめてきません。軽いです。(冒頭の訳出にあたって、や付録の論評を読んでから判断されるといいでしょう)
    自分はルキウス・ウェルスに関する唯一の日本語史料(先生曰く「Historia augusta」とカッシウス・ディオの「ローマ史」(未邦訳)しかないとか)ということで手に取りましたが、アエリウス・カエサルについての章まであってびっくり。

    付記:シリーズの都合上か、何故か哲学・思想エリアに分類されていることがよくあります

全2件中 1 - 2件を表示

ローマ皇帝群像〈1〉 (西洋古典叢書)を本棚に登録しているひと

ローマ皇帝群像〈1〉 (西洋古典叢書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ローマ皇帝群像〈1〉 (西洋古典叢書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ローマ皇帝群像〈1〉 (西洋古典叢書)を本棚に「積読」で登録しているひと

ローマ皇帝群像〈1〉 (西洋古典叢書)の作品紹介

政治、軍事、宮廷のゴシップ…。「五賢帝時代」の皇帝たちをバラエテイ豊かに描いた、貴重な伝記集。本邦初訳。

ローマ皇帝群像〈1〉 (西洋古典叢書)はこんな本です

ツイートする