前頭葉の謎を解く―心の宇宙〈1〉 (学術選書)

  • 19人登録
  • 3.25評価
    • (0)
    • (1)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 船橋新太郎
  • 京都大学学術出版会 (2005年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (245ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784876988037

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

前頭葉の謎を解く―心の宇宙〈1〉 (学術選書)の感想・レビュー・書評

  • 2005年刊行。

     脳の中の脳、ヒトをヒト足らしめている器官は前頭葉である。
     本書はこの前頭葉について詳細に解説していく。

     そこでの中心はワーキングメモリー。その他、狭義の短期記憶+操作・改変・消去か。

  • 2007-08-16

    結局,謎は解けませんでした.

    脳研究者なら,読みこなせるのかな?

    前頭葉は人間が解くに発達した部位で,特に何の機能というふうには言いにくい,感じらしいです.
    昔は「沈黙野」とか言われていたそうで.
    この本の中では,脳を会社に例えたら「取締役会」みたいなもんだと仰ってましたが,
    むしろ,「スラック資源」みたいなもんなんかなあと思ったり.

    脳研究のこの果てしなさは,なんなんでしょうね.
    分子生物学もクラっときますが,生理学,画像ベースの脳研究にはクラクラッとくるものがあります.

    この本でも,結局,前頭葉の主要な機能をワーキングメモリという言葉で解釈しようとしていますが,
    結局,ワーキングメモりの定義が定まらないように思うのです.
    「「記憶」の定義」
    に,物理学のような解答を見いだせるのでしょうか?
    計量できるのでしょうか?

    科学的研究が”言葉”で紡ぎ出される以上,
    その言葉の定義がどれだけ客観的にシェアしうるものかと言うことをメタな視点から評価しながら研究する必要があるんでしょうね.

    逆に考えさせられました.

    Amazonの書評にもありましたが,難解な面があるので少し「人を選ぶ」かもしれません.

  • 前頭葉の機能について現在分かっていることが、著者が過去にした実験を中心に書いてある。ワーキングメモリを用いて前頭葉の機能を説明していた。
    分からない機能や実験結果を説明するために著者の考えたモデルなどが書いてあって、読み物として面白い。やや難しめ・・・?

全3件中 1 - 3件を表示

前頭葉の謎を解く―心の宇宙〈1〉 (学術選書)の作品紹介

人類は、動物の中で最も大脳が発達している。なかでも前頭葉はひときわ大きい。それゆえ、この「前頭葉」こそが「知性の座」ではないかと考えられた。しかし、事故や病気で前頭葉に損傷を受けた人を見ても、知能や記憶力が衰えた様子はない。これはどういうことだろうか?前頭葉は、これといった機能をもたない「沈黙野」なのだろうか?知れば知るほど、もっと知りたくなる脳の不思議な世界へようこそ。

前頭葉の謎を解く―心の宇宙〈1〉 (学術選書)はこんな本です

ツイートする