世界単位論 (学術選書)

  • 15人登録
  • 2.50評価
    • (0)
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 高谷好一
  • 京都大学学術出版会 (2010年6月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (271ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784876988495

世界単位論 (学術選書)の感想・レビュー・書評

  • 文化、土地柄、宗教、歴史、それから実体験風旅行記、現地での交流。軽い読み物として読むのにちょうどいいイメージです。地理と歴史、宗教の絡み合いを手軽に読むのにはいいかな、という感触/イメージ。

  • イスラムの進入によって、ジャワ島からヒンドゥーの人たちがバリに行った。だからバリは今でもヒンドゥーの島。
    オランダはプランテーションはジャワ島でしか興味がなかった。ジャワ島に一番人口が集中していたから。でもその後、外島でも実施するようになった。
    中国:仁は愛です。天子は愛を持って民衆に向かわなければならない。しかしすべての民衆を愛することはできません。民衆の中には利害の対立があるから。その時には多数を助けなければならない。場合によっては少数を抑えつける決断をしなければならない。それが仁。中国とは多数とと言えば農民。
    中国は政治は北だが、経済は南。

    インド世界はカーストに縛られた世界。カーストの基本的な考え方は浄と不浄の区別。

    オランダんいはユダヤ人がたくさんいる。
    オランダはフランスで主流派に敗れたユグノー派の人たちが作った国。

全3件中 1 - 3件を表示

世界単位論 (学術選書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

世界単位論 (学術選書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

世界単位論 (学術選書)を本棚に「積読」で登録しているひと

世界単位論 (学術選書)の作品紹介

それぞれの土地の持つ自然的生態的特性を基層に、数千年の社会文化的関係が加わって形成される「地域」。それを類型化し外郭を示すことで、「地域のまとまり」の本来の姿をあぶり出し、「近代の先進国」による地球分割の矛盾を鋭く突く-著者が1990年代に発表し、地域研究の基本的枠組みとなった世界単位論を、市民向けに親しみやすく語ることで、9.11後の新しい世界秩序を模索する。現代を憂い行動する人の必携書。

ツイートする